乃木坂46 アジア初進出となるシンガポール公演大盛況、サプライズ発表も
2018年11月24日に「Suntec Singapore International Convention and Exhibition Center」で開催された「C3 AFA Singapore」にて乃木坂46がアジア初進出となる公演を開催、大盛況の中幕を閉じた。 イベント前日には秋元真夏・生田絵梨花・松村沙友理の3名が、現地メディアの記者会見に参加し乃木坂46をアピール。会場に設置された乃木坂46のブースには、当グループの歴史が飾られ、日本から来場したファンだけでなく、現地のファンや東南アジアから来場したファンで埋め尽くされた。 乃木坂46が国内で開催する握手会では、現在もアジア各国から約200名前後のファンが来場しているだけに、今回のシンガポール公演は待ち遠しかったに違いない。 そしてライブでは、センターの常連メンバーである白石麻衣・西野七瀬が不在という布陣となり、生駒里奈・生田絵梨花・齋藤飛鳥・堀未央奈のセンター楽曲を中心にセットリストが構成され、メンバーのMCは全て英語。圧巻となるライブパフォーマンスと、初々しくたどたどしいMCに、会場に集まった約3,000人のファンは乃木坂46に魅了された。 またラストナンバーを飾った最新シングル『いつかできるから今日できる』の前に、来年2月に香港で開催される「C3 AFA Hong Kong 2018」に出演する事がサプライズ発表され、会場はさらにヒートアップ。11月上旬に自身初となる東京ドーム公演を成功させた“熱”をシンガポールにそのまま届けた、まさに“熱い”ライブだった。 さらに従来日本国内からのみ視聴可能だった「乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL」のミュージックビデオを全世界向けに配信される事も決定。 ※YouTube Redローンチ国(米国、オーストラリア、メキシコ、ニュージーランド、韓国を除く) 日本の女性アイドルの頂点に立った乃木坂46は、世界の“坂”も駆け上っていくに違いない。