NMB48市川美織ニコ生 ”ききチョコレート”で奇跡みせる
NMB48市川美織と芸人キクチウソツカナイが、次世代のアイドルを招き、ねほりはほりトークするニコ生「市川美織にアイドルを学ぶ~NEXTアイドルをさがせ!」Vol.8が21日生配信された。 今月はゲストアイドルに、Cheeky Paradeの関根優那、Flower Notes葉月ことみ、紅音の3組が登場。葉月は市川とトレーナーの話で意気投合したり、シンガーソングライター、声優、女優とマルチな活躍を見せている紅音は、男の子・幼女・おばさんの声を巧みに使い分け、市川を興奮させ、関根はデビュー6年目のベテラン?としてエピソードトークや、絶対音感を披露したり、”小生意気”のコンセプトからガラッとイメージチェンジした今回の新曲についてアツく語った。 紅音はチョコレートを毎日1枚は食べる愛好家で、”ききチョコレート”が出来るといい、関根も味覚には自信があり、”きき○○”が得意というアンケートから、実際やってみることに。今大人気の明治「ザ・チョコレート」のミルクテイスト4種類のなかから2つを選んで食べ比べ、どれを食べたか当てる。まずは”腕に覚えのない”市川と葉月が挑戦。つぎに得意な関根と紅音がおもむろにチョコをころがし味の差を見極める。微妙な後味の違いしかないという、意外にも超難問となり、関根&紅音の一騎打ちの様相を呈したが、結果はなんと軽い気持ちで挑んだ市川と葉月が正解。”ききチョコレート”を得意とする紅音は顔を隠しうつむき「おかしいですねえ、工場でミスが?」と壮大な言い訳を放ち、関根は”やっちゃった”といわんばかりに「私、しょっぱいのが好きなんで」と敗戦の弁。思わぬ”ききチョコ”マスターとなった市川は、葉月と無邪気に喜びあい、「簡単でしたーすぐ分かる(笑)。当たるとうれしいもんですねー」と笑顔を見せた。 今月もバイノーラル録音が可能なダミーヘッドマイクを使って、胸キュンシチュエーションのボイスを各アイドルに録ってもらった。このボイスは音楽サイト「ドワンゴジェイピー」で後日配信されるので、お楽しみに。