柏木由紀 卒業間近渡辺麻友を「まゆゆが可愛くて仕方ないんです」
AKB48/NGT48の柏木由紀が25日、東京・秋葉原で行われた「KitaQフェスinTOKYO」のトークショーに登場。北九州のイベントということで、何度か訪れたことがある北九州の魅力をアピールしながら、400人のファンを前にしてAKB48や卒業間近な同期・渡辺麻友について語った。 3期生の同期でもある渡辺麻友は、今年いっぱいでAKB48を卒業。ステージ上でMCからその話題を振られると「AKB48に入って今年で11年になりますが、もうすぐ同期のまゆゆの卒業が控えていて、いよいよ3期生では私1人になっちゃいます。どうしましょう?(笑)」と笑いを誘うも、いつも一緒にいて大の仲良しでもある渡辺とは「親友で姉妹な感じでもあり、戦友で親子のような感じですよ。まゆゆが可愛くて仕方ないんです」と深い関係性であることを吐露した。 その渡辺とAKB48で活動する期間は、残り1カ月ちょっと。「まゆゆは楽屋とかで意外にムードメーカー。そういう意味では寂しいですが、残り1カ月で色んな思い出を作れたらいいなとは思っています」と約束し、「まゆゆは卒業して女優の道に進みますが、私はAKB48に残って後輩のみんなと盛り上げて行きたいですね」と決意を新たにした。 渡辺が卒業すると、3期生では柏木1人となる。自身の立ち位置として「今はキャプテンみたいな役職もないし、兼任していますがあまり引っ張っていこうとか責任感があまりないですね」と自然体を強調し、「総監督に横山由依ちゃんがいるので、由依ちゃんをサポートしたり、若い子と仲良く楽しく活動していくことが、AKB48のためになれたらとは思ったりしています」と潤滑油的な役割を目指すとか。 そんな柏木だが、自身の卒業については「私も卒業を考えたことはありました。2~3年前に取材で「卒業考えています?」と言われたり、ネットニュースで「そろそろ卒業か?」と書かれたりして、私って卒業を考える時期なのかな?と考えたりもしました。でも若い子がいる中、私にしか出来ない役割があると感じています。AKB48をイチから作る気持ちでもっともっとAKB48を盛り上げていきたいと思っています」とAKB48としての新たな目標を掲げていた。 東京にいながら北九州を体感できるイベントとして開催された同イベント。これまで北九州に何度か訪れたことがあり、4月には北九州市の商業施設「あるあるCity」のアンバサダーに就任するなど、北九州と関係が深い柏木は「北九州は駅の周辺が賑わっていて、美味しい食べ物があるし離れたら自然も綺麗で空気もやっぱり違いますよ。空気も食べ物も美味しいから大好きです。それに北九州はうなぎが美味しいし、サニーパンがめっちゃくちゃ美味しくて大好きなんです!ぜひぜひ北九州に脚を運んでいただけたらうれしいです」と北九州をアピールしていた。