「覆面系ノイズ」初日舞台挨拶、監督・キャスト陣が大暴露?
25日(土)新宿ピカデリーにて、ついに公開を迎えた『覆面系ノイズ』の初日舞台挨拶が開催された。 鳴りやまぬ拍手と大歓声の中、ステージに中条あやみ(有栖川 仁乃/ニノ役)、志尊淳(杠 花奏/ユズ役)、小関裕太(榊 桃/モモ役)、真野恵里菜(珠久里 深桜 役)、磯村勇斗(黑瀬 歩/クロ役)、杉野遥亮(悠埜 佳斗/ハルヨシ役)、そして三木康一郎監督が登場すると、会場の盛り上がりは早くも最高潮に。 前日は緊張と楽しみでなかなか眠れなかったというキャストたちも、公開初日に集まった満員の観客を見て感激の様子。ヒロイン・ニノ役を務めた中条は撮影当時を振り返り、ちょうど一年前に、真野と共演したお気に入りのシーンを撮影していたことを明かした。「ニノと深桜という女の子同士の、良い意味でのライバルとの友情がすごく素敵」と語る中条は、そんなシーンを含む本作がついに公開を迎えたことを、「卒業式の日のお母さんってこんな気分なのかな」と感慨深げに語った。一方で、同シーン撮影時に三木監督から中条だけが呼び出され、「ちゃんと走れ!」と喝を入れられていたエピソードも暴露。「めっちゃ怖かった!」とまさかの撮影秘話を披露した。 ニノに想いを寄せるユズ役を演じた志尊は、「この映画は、登場人物全員が強い信念を持って思い続けることが、成長に繋がり自分の道になっていく姿を感じ取れる作品。見た人にとって、『恋愛したい』『楽器をやってみたい』など何かのきっかけになったら嬉しい」と熱い思いをアピールした。 続いて、本作の「ずっと伝えられなかった想いを、歌に乗せて届ける」という内容にちなみ、監督・キャスト陣がこれまで伝えられなかったことを暴露!今だからこそ伝えたい、ずっと言えなかったけど今日こそ伝えたい想いが、それぞれ発表された。 ハルヨシ役の杉野は、撮影中三木監督に “塩対応”をされたことを告白。そのそっけない態度に落ち込んだものの、クランクアップの時に「ハルヨシがいたからこの現場は楽しかった」と声を掛けられハグまでされた逸話を披露、三木監督も大照れする事態に。さらに「この人、ツンデレだと思った」とそのギャップに驚くとともに、「テクニックとしても参考になりました」と続け会場を沸かせた。 クロ役の磯村は、共演も多かった杉野を指名。本作では「オネエ口調のベーシスト」というハルヨシ役を演じた杉野だが、杉野本人にも女性らしいところがあることから、「オネエは役柄なのか素なのか確かめたい」と迫った。他メンバーからも「ボディタッチが多い」「話す距離が近い」と数々の証言が飛ぶ中、杉野は「周りに求められているから!」と抜群のサービス精神由来であることを明かしていた。  深桜役の真野は、モモ役の小関について、共演してみて当初からイメージが大きく変わったことを告白。役柄も手伝い小関に対しミステリアスな印象を抱いていたという真野だが、今回の舞台挨拶直前に立ち位置を確認している最中、「杉野」「真野」と並んで書かれた表記を見た小関が「『野』と『野』だ!」と大はしゃぎしたエピソードを披露し、会場がほっこりした雰囲気に。対する小関は、劇中では真野と演奏シーンをやりたかったことを打ち明け、今後も『覆面系ノイズ』で実現させたいという「想いだけはあります!」と力強くアピールした。  三木監督は中条を指名し、撮影中に誕生日を迎えた時に彼女から手紙をもらったエピソードを告白。最後に「長生きしてくださいね」と書いてあったことから、「早死に前提か!」と思わずツッコんだことを明かし、会場も大爆笑!対する中条は、「撮影中忙しくて痩せてるって聞いたから、心配になっちゃって」とコメントの理由を語り、そのやさしさにほかのメンバーも思わず笑顔に。あらためて監督・キャスト陣の仲の良さがうかがえるコーナーとなった。 最後は公開初日を祝し、登壇者全員で鏡開きを実施。観客と「覆面系ノイズ、大ヒット!」を合唱しながら勢いよく木槌が振り下ろされ、会場からは再び拍手と大歓声が沸き起こった。