「コウノドリ」×Uru『奇蹟』 MV第二弾はロングバージョン
TBS系金曜ドラマ「コウノドリ」主題歌として話題を呼んでいるUruのニューシングル『奇蹟』。このリリースを記念して、鈴ノ木ユウの原作漫画「コウノドリ」(講談社刊)とのコラボレーション映像が公開された。 『奇蹟』は、Uru本人がドラマのために歌詞を書き下ろした切なくも優しさが溢れ出すバラード曲。 通常盤のCDジャケットは、ドラマビジュアルの綾野剛が演じる鴻鳥サクラをイラスト化した鈴ノ木ユウによる描き下ろし仕様となっており、ドラマ×原作漫画×主題歌のコラボレーションで注目を集め、楽曲は現在各配信サイトで軒並み1位を獲得し、配信ヒットを記録している。 コラボレーションMVの映像は原作漫画のイラストから歌詞のイメージとリンクしたシーンを映像化した特別なもので、シングルの発売日となる11月8日に第一弾としてショートバージョンが公開されていたが、今回公開されたのはドラマでも毎週オンエアされているTVサイズの楽曲を使用したロングバージョンの映像。各シーンがドラマ・漫画のシーンとシンクロする胸を打つ内容に仕上がっている。 <鈴ノ木ユウ コメント> 感激…感動…チョット違うな…。 単純にドキドキしました。 連載を続けていると、あの妊婦さんに、こう言わせて良かったのかな?とか、あの妊婦さんや家族にああ言って正解だったのかな?とか、後悔ではなく、迷いに似た感覚のまま次の〆切が迫って来ます。振り返る時間もない。ひょっとしたら、誰かを傷付けてきたのかもしれない…。そんなコトを思う時もあります。 そんな中、Uru『奇蹟』×『コウノドリ』のMVを観させて頂きました。Uruさんの歌声に「大丈夫だよ」と優しく肩を叩かれた気がしました。 <Uru コメント> たくさんの方に愛されている『コウノドリ』という作品に携わらせて頂いたという事だけでものすごく感激だったのに、このようなコラボレーションをさせて頂けて、本当に感慨深く、感謝の気持ちで溢れております。 原作の鈴ノ木ユウさんの『コウノドリ』を拝読させて頂いていると、今私がこうやって生きていて、そして歌までも歌わせてもらっていて…ということが、如何に幸せなことなんだろうと思いました。 そして、まだまだ周知されていない部分や、医療現場ではどんな風にして関わってくださっているのか等を、この『コウノドリ』を通して知ることができているなぁと実感しています。 鈴ノ木さんの描く柔らかな表情の鴻鳥先生にホッと安心したり、涙する妊婦さんの心と連動したり、本当に素敵だなと思います。 ©TBS