AKB48渡辺麻友が一日店長 初めての接客も神対応
すでに年内で卒業発表をしているAKB48渡辺麻友が東京 渋谷のSHIBUYA TSUTAYAにて、昨日リリースとなったAKB48節目となる50枚目、そして渡辺麻友のラストシングルである『11月のアンクレット』初日記念イベントを行った。 SHIBUYA TSUTAYAでは今回のリリースを盛り上げるため、AKB48渡辺麻友ミュージアム「まゆゆがいっぱい」を開催しており、その開催を記念して渡辺麻友が「一日店長」を務めた。 渡辺麻友は12歳からAKB48に入ったため、アルバイトなどの経験もなく、この日が初めての接客業経験となった。用意された整理券も早々に捌け、開店間際にAKB48渡辺麻友ミュージアム「まゆゆがいっぱい」を訪れた渡辺麻友は店舗内の大展開に大喜び。開店時間も迫っていたため、記念撮影とサインを済ませ、後ろ髪を引かれながらの一日店長の業務が始まった。 今回の「一日店長」は「11月のアンクレット」購入者へのCDの袋詰めと手渡し。関心したのは、やはり握手会での対応が随所にあらわれ、訪れたファンひとりひとりと楽しげに会話をしながらのあっという間の90分のふれあいとなった。 一日店長を終えた渡辺麻友は「握手会でのふれあいとはまた違って楽しかったです。また機会があればぜひやりたいです」と語った。一日店長業務終了後には、渋谷駅地下通路に展開されている『11月のアンクレット』交通広告も見学に行き、サイン。そしてちょっとしたいたずら心ある落書きを施している。ファンでなくとも、その目で確かめてもらいたい。 『11月のアンクレット』は発売初日に100万枚以上のセールスを達成し、オリコンのシングル連続ミリオン記録を31作と自身の持つ記録をさらに更新している。すでにAKB48は「NHK紅白歌合戦」への出場も決定しており、大晦日12月31日までの渡辺麻友のさらなる輝きを見ることができそうだ。