GLAY TAKUROソロツアーがスタート、初の試みで観客大合唱
GLAY TAKURO自身のソロプロジェクトであるツアー「Journey without a map 2017」が、大阪・Zepp Nambaを皮切りにスタートした。 ツアー初日と言う事もあり、開演前の会場は落ち着いた中にもどこか緊張感のある雰囲気が漂っていたが、TAKUROはじめバンドメンバーが登場すると、雰囲気を一気に大人の空間に変えていき、芳醇な演奏が会場を包んでいった。TAKUROのソロプロジェクトアルバム『Journey without a map』収録曲を中心に、未発表の新曲も披露、Gibsonビンテージレスポールが織りなす甘くもエッジの効いたサウンドにファンも納得の表情だった。 そして、最新シングルのリードトラック『あなたといきてゆく』もライブで披露されたのだが、なんと事前に歌詞が用意されており、メロディをお客さんが合唱する初めての試みが行われ、様々な「あなた」と生きてゆく決意と感謝を歌ったラブバラードであるこの楽曲の大合唱は、新たなGLAYの名曲誕生を感じさせる感動の瞬間となった。 大阪・Zepp Namba初日を無事に終えた、GLAY TAKURO Solo Project 2nd Tour「Journey without a map 2017」は、残り5会場8公演を行う。