桑田佳祐 所在不明だったKUWATA BAND幻の映像を初作品化
桑田佳祐の、ソロ30周年を記念し来年1月3日に発売されるベスト・ミュージックビデオ集『MVP』。初回限定盤に今まで世の中に正式に発表されていなかった映像を含む、一世を風靡したKUWATA BANDのミュージックビデオが3曲収録されることが決定した。 本日明らかになったのは、1986年に1年間限定で活動をし“日本のロック”に革新を巻き起こし一世を風靡した桑田率いるKUWATA BANDの名曲『BAN BAN BAN』『スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)』『MERRY X’MAS IN SUMMER』の3曲のミュージックビデオが収録されるという嬉しい内容だ。特に、驚きなのが『BAN BAN BAN』、『スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)』については、当時ビデオ・コンサート、およびレコードショップの店頭販促用として使用された映像であったが、その後所在が不明になっていたため、一般ではほとんど見ることができなかった幻の映像とも言えるものであり、『MVP』にて本邦初作品化となる。 『BAN BAN BAN』は当時のレコーディングの模様とサイケデリックな映像エフェクトで構成され、「スキップ・ビート (SKIPPED BEAT)」では舞妓の舞が流れる大きなスクリーンをバックにバンドのフルメンバーで演奏している模様をビデオにした、30年以上の時を経てもアバンギャルドでクールな映像となっている。『MVP』の制作作業をしている中、スタッフが桑田佳祐の30年分の素材を見返していたところ発掘され、当時のフィルムテープから無事作品化出来ることになった、というだけに、ファン必見の内容だ。 作品の内容をもっとボリューム、パワーアップするために当初予定されていた12月の発売日を来年1月3日(水)に延期変更することが発表されたことでより一層作品への注目が集まっていた中での今回の発表となった。 本編30曲に加え、初回限定盤には追加で3曲収録ということで最大計33曲収録の “ベスト・ミュージックビデオ集”と言うにふさわしい超豪華な内容となった『MVP』。大ヒット中のニューアルバム『がらくた』に、全国アリーナ&5大ドームツアー、そして『MVP』とまだまだ桑田佳祐から目が離せない。