「デブ、女優」検索1位が夢、劇団4ドル50セントにぽっちゃり女子
秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」劇団員・隅田杏花がブルゾンちえみ似で話題になっている。8月の劇団お披露目時から、「片桐はいり似」「ブルゾンちえみ似」と言われ始めていたが、ここにきて話題が再浮上。 10月に発売された、雑誌「月刊ENTAME」では、初の雑誌出演を果たし、11月3日~5日に行なわれた「劇団4ドル50セント」プレ公演(青山スパイラルホール)でもその存在感が話題となっていた。SNS上でも、「あの存在感がすごかった!」「劇団のバラエティー班!」と評判を高めている。 隅田は「『デブ、女優』という検索で1位になることが夢」と公言している。数々の伝説的アイドルを生み出してきた秋元康は、人気デブ女優を生み出すことが出来るのか? 「劇団4ドル50セント」とは、秋元康プロデュースの新劇団。 今までの劇団の枠にとらわれない、演劇を中心とした総合エンタテインメント集団。 劇団員からの派生メンバーによる音楽活動やドラマ・映画・モデル・バラエティなど多彩な個人活動を予定している。