乃木坂46新内眞衣 初の水着撮影に備え「ツアーで美味しいものを我慢」
乃木坂46 2期生メンバーとして活躍。アイドルの傍ら、現役のOLの一面も持ち、メンバー内でも”おねえさん”的な上品で落ち着いた雰囲気と、朗らかなキャラクターで慕われている”まいちゅん”こと新内眞衣。 11月14日に初めての写真集『どこにいるの?』(光文社)を発売、その記念イベントが新宿・福家書店で開催された。コンセプトは新内とタイ旅行に行った気分になれること。ページの最初はOLらしく名刺のアップからスタートし、新内の仕事ぶりを激写。そして休みの日を利用してタイ旅行に出かけるという流れで、「”彼女とデートなうに使っていいよ”みたいな写真がたくさんです」と笑顔を見せた新内。決めポーズは撮らず、旅行を楽しむ自然な表情の”まいちゅん”が満載だ。 タイでの思い出を聞かれ「真っ赤なプールがとても幻想的で、これは日本じゃ見られないなと思いました。ここで真っ赤な水着を着ていいるんですけど、”タイにかぶれてるなあ”って思いました」とにっこり。 初めての水着も披露していることで、発売前からファンが騒然としていたが、乃木坂46メンバーNo.1を誇る、股下80cmのスラリと伸びた美脚が自慢の新内。撮影で”タイキック”も披露し、「思ったより脚上がったなあって、これイケんじゃないの?って思いました」と自画自賛してケラケラ笑っていた。水着姿披露については、「9月に撮影があって、7月、8月が全国ツアーだったんですよ。全国ツアーって大体美味しいものあるんですよ!なので夜のご飯会には行かず、ホテルに帰って一人でするめとか食べてました(笑)。今年のツアーは、食に関しては3割も楽しめてない気がします」としっかりカラダを作っての水着撮影だったという。その分、25歳の色気とボディラインが堪能できるので、ぜひ水着ショットは観ていただきたい。 乃木坂46写真集恒例の自己採点だが、先週の若月が「99点で、あと1点は観てくれたかたが足して100点」と話した。「上手いこと言いますねー」と感心しながらページをめくり考え抜いた点数は「でも、自分の表情にうそはないから100点かな。一生に一度くらいのつもりで撮ったので。みなさんが観てくれたら120点、130点と加点していただければ。加点法でお願いします」と答えた。 写真集の発売が叶い、これで「アイドル・OL・グラビア」の三足のわらじですか?と問われると「全然グラビアなんてまだ”あまあま”の駆け出しなので、もし次出せるとしたら今度は表情とか研究したものをお届けできればなと思います」と意気込みを見せた。さらに次回作の撮影場所として「すごい埼玉の方から、”なぜ埼玉では撮ってくれなかったの?”って言うことがあったので、(新内は現在埼玉県観光大使)埼玉と何処かかなと。埼玉だけだと川しかないので(笑)、川で水着はちょっと物足りないかなと思います」と話し、記者陣の笑いを誘っていた。