EXILE TAKAHIRO早くも第二弾 自身作詞作曲の新作MVを公開
12/6(水)発売のEXILE TAKAHIROソロ・ミニアルバム『All-The-Time Memories』から、『memories』のMusic Videoが新たに公開された。先日発表した『Irish Blue』に続き、第二弾として早くも次の作品が解禁となった。 『memories』はシンプルながら美しい曲を作り上げたいという想いの元、TAKAHIROが作詞作曲。プロデューサーの亀田誠治によるアレンジで制作された今作は、儚い想いをストレートに綴った歌詞と美しいコード進行が魅力の、シンプルながら壮大で幻想的なバラードとなっている。 Music Videoは、TAKAHIROが楽曲に込めた「想い出」というテーマを元に、数多の名作を生み出し、映画コンペティションでも表彰されている常盤司郎監督が男女の恋の物語を構想。見る者を引き込んでいく美しく幻想的な世界の中で展開する、男女の美しくも儚い恋物語に、心を締めつけられる名作が完成した。 今作は、『memories』の他にも自身が作詞・作曲したオリジナルソング『SUNSET KISS』『春へ』、亀田氏との共作曲『Alone』『BLACK BEANZ』、そして青年時代からリスペクトするGLAYのTAKURO氏書き下ろしの『Irish Blue』を収録。映像には新作Music Videoの他、初映像化のライブ映像などが多数収録されるという事なので、ソロとしての新たなページを描き出したミニ・アルバムの発売が楽しみだ。 <TAKAHIRO コメント> 今回は、楽曲のイメージからドラマチックで幻想的なMusic Videoを制作するため、常盤監督に撮影をお願いしました。本当に色々な環境で撮影させて頂きまして、信じられないような絶景に出会えたり、様々な表情を楽しんで頂けると思います。Music Videoは、過去と現在(イマ)を行き来する中で、ファンタジーとリアルが詰まった映像をお届けできるような内容になっています。この冬、みなさんに楽しんでいただける作品になったと思いますので、是非みなさんご覧ください。