鈴木咲 三十路を節目にグラビアDVDから引退宣言「結構体力使うので…」
グラドル界には珍しいAカップという”ちっぱい”ながらも、スレンダーボディーに凹凸感あるクビレでコアなファンから絶大な支持を集めている鈴木咲。 グラビア歴も13年とすでにベテランクラスで、髪の毛をショートにした2013年頃から人気も絶頂期を迎えた。そんな彼女が、最後のDVDとなる『SAKI』(エアーコントロール)をリリース。その発売イベントが19日、東京・秋葉原で行われ、グラドルの聖地・ソフマップで最後の水着姿を披露した。 「ソフマップさんには長い間お世話になりましたので、今日の水着はソフマップカラーを意識してみました。撮影がバリで解放的だったので、水着もバンドゥービキニです♪」と水着解説で幕を開けた鈴木のラストソフマップ取材。11月3日に30歳となったばかりの鈴木だが、抜群のスレンダーボディーは相変わらずで更に色気が増したようだ。そんな彼女の極上ボディーを堪能できる最新作は、6月にバリ島で撮影されたもの。「13年間グラビアをやっていますが、今回のDVDで初めて海外のロケでした。ラストDVDでやっとです(笑)」と振り返った鈴木が、ラストDVDに相応しいセクシーショットを惜しげもなく披露している。 「ストーリー的には観てくださっている方が私と一緒に旅行に行った気分を味わえるものとなっています。今回はラストDVDだったので、バリのヴィラでくつろぐなど、普段の私を全面に押し出しました。それと今回は衣装や水着も一部を除いて自分で用意しました。セルフプロデュースですね」と最新作を紹介。オススメを「初めてのヴィラなので、喜んでいるシーンや素の表情が多く撮れています。それに今回のカメラマンさんは脚フェチの方なので、舐めるようなカメラアングルでストッキング越しに脚を写していますよ。脚フェチの方は必見です♪」とアピールし、気になるセクシーなシーンについて「29歳最後の撮影だったので、最後のベッドのシーンは色っぽいし大人っぽくなっていると思います。ベッドで何が展開されるかは、観てのお・た・の・し・み(笑)」と語るなど、男性の妄想を刺激した。 今作でラストDVDとなる理由について「先日30歳を無事迎えられ、DVDは節目かなと思いました。それと、DVDの撮影って結構体力を使うんです。めちゃくちゃ体力を使うので、一回お休みというか引退しようかと。体力の限界ですね(笑)」と説明する鈴木に対して、報道陣が「結婚で引退?」と投げ掛けると「違います(笑)。逆に結婚したいですよ!以前のイベントで結婚したいから探していると言ったら、実際に事務所に応募してくれました(笑)。公募はしていませんが、探してはいます。これからは出会いのために外出するように頑張ります(笑)」と恋愛や結婚が理由でDVD引退ではないんだとか。そんな鈴木だが、今後のグラビア活動について言及し、「DVDがラストなだけで、写真集や雑誌でのグラビアは辞めません」と引き続き継続するという。