渡辺麻友 ソロアルバムタイトル『Best Regards!』に決定
12月20日リリースの渡辺麻友、1stソロアルバムのタイトルが、『Best Regards!』に決定したことが分かった。 2017年10月31日(火)にさいたまスーパーアリーナで開催された「渡辺麻友 卒業コンサート~みんなの夢が叶いますように~」のステージ上で、本人の口からアルバムが発売されることが発表されていたが、アルバムタイトルは未定のままだった。 そんな彼女にとって初となるソロアルバムのタイトルは、結びの言葉として、英文メールの締めなどに伝われ、「よろしくお願いします」という意味もある『Best Regards!』に決定。 また、今回初のソロアルバム発売ということで、記念となる特殊な豪華“ダブル”パッケージ仕様のデザインが採用。そのジャケット写真も公開された。横30cm、縦12cm、奥行き約1.2cmのボックスの左側に完全生産限定盤Aを、右側に完全生産限定盤Bを2つセットに並べて収められるという特殊な大型パッケージ。記念すべき渡辺麻友の1stソロアルバムは聴くだけでなく、パッケージとして見ても楽しめる豪華なデザインとなっている。ジャケット写真で本人が持っているかすみ草の花言葉は「感謝」。ファンに対する感謝の意を表現しているという。 『Best Regards!』は渡辺麻友ソロとして初となるアルバムで、2012年のデビューシングル『シンクロときめき』から、『大人ジェリービーンズ』オリコン1位獲得の『ヒカルものたち』、オレスカバンドとのコラボで話題となった『ラッパ練習中』、そして自身の主演ドラマ「書店ガール」の主題歌だった、5thシングル『出逢いの続き』までのソロシングルはもちろん、映画「プリキュア」主題歌『正しい魔法の使い方』、今年主演したドラマ「サヨナラ、えなりくん」の主題歌『守ってあげたくなる』も初収録。 さらにレーベルの垣根を越えて、渡り廊下走り隊でのソロ楽曲が7曲、AKB48のアルバムに収録されていたソロ曲『純情ソーダ水』、トリビュートで参加した坂本真綾さんの楽曲『トライアングラー』も収録するなど、渡辺麻友のソロ歴史を全て網羅したコンプリートアルバムとして、ファン垂涎の内容となっている。 さらに、特典DVDに収録される映像が特に盛りだくさんで、完全生産限定盤Aには、アルバムのためだけにL.A.で撮影された企画映像「まゆゆが行く!初めてのアルバム作り in L.A」を初収録。他、デビューシングル『シンクロときめき』から、5thシングル『出逢いの続き』までの全シングルの購入者対象ソロライブを網羅した「まゆゆソロライブ~全シングル分ダイジェストで召し上がれ~」収録、ほかシングル曲のMusic Videoや過去の厳選特典映像など、たっぷり約120分。 完全生産限定盤Bには、ファンからの要望が非常に高かった2013年の『「ラッパ練習中」発売記念ソロライブ~Mayu’s レストラン全曲フルコースを召し上がれ~』を完全収録。名曲揃いのカップリング曲も合わせて、全24曲。東京、名古屋の2会場、4公演でのフル尺披露したライブは、見ごたえのある約120分の長尺で初収録。 また対象店舗で、完全生産限定盤A(SRCL-9647~9648)/完全生産限定盤B(SRCL-9649~9650)を同時購入された方に先着で、渡辺麻友のこれまでの軌跡がたっぷり詰まった超豪華特典「まゆゆ想い出アルバム」をプレゼント。是非チェックして頂きたい。