生田斗真×瑛太出演映画「友罪」に夏帆、山本美月ら追加キャスト発表
「64-ロクヨンー前編/後編」の瀬々敬久監督待望の最新作「友罪」がギャガ配給にて2018年5月より全国公開となる。本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞するなど、ミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表した人気の同名小説「友罪」(集英社文庫刊)の映画化。 瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、今年のウディネ・ファーイースト映画祭で主演作「彼らが本気で編むときは、」が最高賞となる観客賞を受賞し、現在公演中の舞台「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」でも卓越した表現力で難役を演じ切るなど、役者として着実にキャリアを積む【生田斗真】と、「64-ロクヨン―前編/後編」「ミックス。」など話題作への出演が続き話題を呼んでいる【瑛太】。 そんな本作よりこの度追加キャストが発表となった。 息子が過去に犯した事件がきっかけで一家離散し、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役に「感染列島」、「ヘヴンズ ストーリー」、「64-ロクヨン―前編/後編」以来、4作品目の瀬々監督作品出演となる【佐藤浩市】。逃れられない十字架を背負いながら、物語の中でどのように交わっていくのか、そして息の合った瀬々監督作品で再び魅せる重厚な演技も必見。 あるきっかけで鈴木(瑛太)に助けられ、次第に好意を抱いていく藤沢美代子役に若手実力派として数多くの作品に出演し、「海街diary」では、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞の【夏帆】。過去にAV出演を強いられた過去を持つ女性、という難役に挑んだ。 益田(生田斗真)の元恋人であり、彼のジャーナリストとしての再起を願う杉本清美役に、モデルとしてだけでなく「少女」「ピーチガール」など話題作で次々主演を務め、女優としても活躍著しい【山本美月】。雑誌記者として児童連続殺人事件の犯人を調べる中で、益田のジャーナリズムを掻き立てるキーパーソンを演じる。 そして、鈴木の少年院時代に担当法務教官だった白石弥生役に、数々の映画や舞台で抜群の存在感を表現し続ける【富田靖子】。鈴木の出所後も接点を持ち続け、彼の過去と現在を知る唯一の人物を熱演する。 消せない過去を抱えながらも、それに向き合い、今を懸命に生きる。それぞれの想像を絶するほどの葛藤と思いが交錯する、瀬々敬久監督にしか描けない、慟哭の群像劇となる本作を支えるキャストに、その他、奥野瑛太、飯田芳、小市慢太郎、矢島健一、青木崇高、忍成修吾、西田尚美、村上淳、片岡礼子、石田法嗣、北浦愛、坂井真紀、古舘寛治、宇野祥平、大西信満、渡辺真起子、光石研と、世代を問わず日本映画の光と影を支え続ける魂系実力派キャストが集結。それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔に囚われた様々な人間模様が交錯していくストーリーに、圧巻の演技で1シーンたりとも気の抜けない緊張と深みを与えている。 ▼夏帆コメント 瀬々監督から、毎回「リミッターを超えてください」という演出をされて、頭がまっしろになり、監督が思う限界点まで到達できていたのか撮影が終わった今でもよく分かりません。 身も心もへろへろになって、答えが分からなくて踠いて。それでも、誰よりもまっすぐに全身全霊でこの作品にぶつかっていく監督をみていたら、弱音を吐いてる場合じゃないと、わたしも腹をくくって挑ませていただきました。 公開はまだ少し先ですが、楽しみにしていただければと思います。 ▼山本美月コメント 瀬々監督をはじめ、素晴らしいキャストの方々とご一緒できたことを、とても光栄に思います。 監督から、清美は唯一普通の人だから普通の女の人を演じてほしいと言われ、普通ってなんだろうと、とても考えさせられる作品になりました。 なにが間違いなのか、正しいのか、作品を観ていただいた方々それぞれの答えを見つけて頂きたいです。 ▼富田靖子コメント 「友罪」のお話をいただいた。愕然とする。 光のようなものは感じるが、闇があまりにもすざまじかった。私が日常で 母親という存在であるからかもしれない。葛藤した。葛藤は瀬々監督のもと、「熱」にそして「祈り」に変化していく。どうか、この「祈り」が届くことを願って・・・