EXILE TAKAHIRO、GLAY TAKURO書き下ろしの新曲MVを公開
12/6に発売を迎えるEXILE TAKAHIROがソロとして2年ぶりに放つ渾身のミニアルバム『All-The-Time Memories』。そのリリースに先駆けて、収録曲『Irish Blue』のMusic Videoが公開された。 『Irish Blue』はTAKAHIROが青年時代からリスペクトするGLAYのTAKURO氏がTAKAHIROのために書き下ろした楽曲。壮大なスケールを持つ歌詞の世界観と極上のメロディが絡み合い、キャッチーで爽快なロックチューンとなっている。 今作のMusic Videoは、TAKAHIROがアートで幻想的な世界観で作品を構成したいというイメージのもと、これまで数々の名作を世に送り出してきた中野裕之監督が制作。プロジェクターを使用して巨大な月を映写し、それを水面に映した演出で幻想的な世界を表現した。 完成した作品は、TAKAHIROがダイナミックに歌唱するリップシーンや水面で水しぶきを上げながら豪快にギターをかき鳴らすシーンなどのロックなテイストと、MV全編に散りばめられたアートなテイストが、完全にシンクロし、ロックとアートの融合を感じられる、とても芸術的な魅力を持った作品となっている。 今作について、TAKAHIROからのコメントが届いた。 <TAKAHIROコメント> 「この楽曲は、ファンでもあり、ミュージシャンとして尊敬しているGLAYのTAKUROさんにお願いし、作詞・作曲して頂きました。ロック且つ、キャッチーで、とても爽快感のある楽曲に仕上がったと思います。今回のMusic Videoはアートな雰囲気の作品を作ることを意識して、中野監督にお願いしているのですが、とても見応えのある作品になったと思います。これまでは中々やってこなかったアプローチの演出にも挑戦させて頂いているので是非皆さんに楽しんでいただければと思います。」 TAKAHIROが放つ、ロックとアートの融合が楽しめるMusic Videoを、是非チェックしてみてほしい。 今作アルバムには、この作品の他にも、新作Music Videoや初映像化のライブ映像などが多数収録されるという事なので、ソロとしての新たな一歩となるこのミニ・アルバムの発売が楽しみで仕方がない。