蒼井そらが“エロ占い師”に、ドラマ「新宿セブン」にゲスト出演
テレビ東京で、毎週金曜深夜 0 時 12 分から放送中の、上田竜也(KAT-TUN)主演・ドラマ 24「新宿セブン」。質屋の店主で抜群の鑑定眼を持った主人公・七瀬(上田)が、「物」の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するストーリー。今夜放送の第 6 話に、元セクシー女優で中国でも大人気の蒼井そらがゲスト出演する。蒼井が“ドラマ 24”枠に出演するのは、ゲスト出演した「嬢王 3 〜Special Edition〜」(2010 年)以来。 今回蒼井は、宝生エリカ(野波麻帆)のバー、エルドラドの従業員・美藍役を演じる。占いが得意という美藍が、大野健太(中村倫也)に頼まれ、6 話のカギを握る、ある女子中学生の居場所を占うのだが… 中国語も達者な蒼井が駆使する中国語まじりのセクシーな占いの様子は必見!今夜の放送に注目だ。 ≪第6話(11月 17日放送)あらすじ≫ 健太(中村倫也)が店番をしていると、テディベアを持ったセーラー服の少女(川島鈴遥)が来店する。タグには“三鷹渚”と書かれていた。3万円と査定した健太は、支払う前に名前を書いてもらおうとするが、ふとした隙に3万円と共に目の前から姿を消してしまう。不審に感じた七瀬(上田竜也)は少女を探すが、同じ制服の学校に“三鷹渚”はいなかった。占いが得意な美藍(蒼井そら)に少女の行方を見てもらうが、三鷹渚は存在しないと言い…。 ©観月 昴・奥 道則/日本文芸社 ©2017「新宿セブン」製作委員会