サーキットの天使 ドリフトエンジェルスがキュートすぎる
秋晴れドライコンディションの11月11日(土)・12日(日)、ツインリンクもてぎにて、今最も人気爆発中というモータースポーツ「スーパーGT」最終戦が開催された。 スーパーGTとは高性能な市販車をベースに各チームが大掛かりな改造を施しレーシングカーを作り上げ、最大出力でわけられたGT300・GT500という2つのクラスでしのぎを削るレースのこと。 11日(土)に開催された公式予選のGT300では「グッドスマイル 初音ミク AMG」が安定の走りを見せ、翌日のGRAND FINAL決勝でも危なげない走りに徹することでアドバンテージを守りきりタイトルを獲得。 しかし、GT500には波乱が。公式予選Q2にて「NISMO MOTUL AUTECH GT-R」のロニー・クインタレッリが驚愕のブッチギリタイムで逆転優勝に望みをつなげるものの、翌日のGRAND FINAL決勝ではスタート直前に接触トラブルが発生。接触の影響で本来のスピードには乗り切れないものの、ライバル車も最終戦ということでマシントラブルが続き、この日もトップチェッカー。しかし、総合ポイントでは一歩及ばず「LEXUS TEAM KeePer TOM’S LC500」平川亮、ニック・キャシディがスーパーGTで初めてのタイトルを獲得となった。 このようにレース自体も手に汗握る白熱の混戦となっていたわけだが、レース場を熱くさせる華やかな存在と言えばレースクイーンに他ならない。この日も多くのチームクルーやドライバーたちがレースクイーンの声援を受け、力をみなぎらせていたわけだが、そんなレースクイーンたちを応援するというファンの数とパワーも凄い。 この日イベントステージだけでなく、専用ステージを設け歌やダンスはもちろん、まさかのコントまでをも披露しレースクイーンファンを一際盛り上げていたのが、7月21日に放送されたニコニコ生放送「市川美織にアイドルを学ぶ~NEXTアイドルをさがせ!」での出演が話題となった「ドリフトエンジェルス」だ。 期間中はステージに撮影イベントに応援にピットウォークと、レーシングカー以上にレース場を走り回っている様子が印象的。同時にドリエンメンバーとしての1年間も駆け抜けた安田七奈、村上麻莉奈、神尾美月、横田りかの4人だが、さすがにこれまでの疲労がピークに達したか、村上麻莉奈ちゃんはTwitterにて「気が抜けたのか昨日家に着いてから高熱がでてねこんでいます(;ω;)」とツイートするなど少々体調に響いている様子。 とは言えメンバー全員が日本レースクイーン大賞にノミネートされているという2017ドリエンメンバー。早く体調を整えないと、次なる熾烈な戦いは待ってくれないかも!?