指原莉乃 AKB48紅白決定に「まゆちゃんと思い出作れたらいいなあ」
「第68回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が16日発表され、紅白あわせて46組のアーティストが2017年を締めくくる。 AKB48は10回目の出場を決めたが、悲願だった姉妹グループの単独出場は叶わなかった。HKT48所属の指原莉乃はTwitterで「AKB48、紅白歌合戦出演します!私はグループが違うのでどうなるかなんとも言えないところなんですが、何はともあれAKBの名前がこうやって載っていること、本当に安心しています。皆様の応援のおかげです。ありがとうございます!😊」とコメント。自身の出場は決定したわけではないものの、期待を寄せた。年内で卒業となる渡辺麻友は、12月26日の劇場公演で卒業となるが、おそらくAKB48としてテレビで歌うのが、この紅白でのステージが最後の可能性が高い。 ファンも「麻友ちゃんの本当の最後のステージには、さしまゆゆきりんが揃っていて欲しい。」「おめでとう 大晦日にさしまゆ見れるの楽しみにしてます」「確かに分からないけれど・・・・出演決定したら精一杯応援するから!」などなど、2017年最後のこの日に指原と渡辺、柏木が共演することを心から願うファンのメッセージであふれた。 今月27日はニコニコ生放送で、指原・渡辺・柏木由紀が揃う「女子会」の最終回の配信も決まり、この3人の共演の機会も数えられるほどにまで時は進んでしまった。紅白まであと7週余り、どんなステージを見せてくれるのか?共演の実現を切に望む。