ゆず “双子ダンス”で話題の楽曲をTV初披露、宮根&ウエンツも参入し大盛り上がり
脚本・監督 福田雄一、主演 山﨑賢人で大ヒット公開中の「斉木楠雄のΨ難」。 15日に読売テレビ「ベストヒット歌謡祭2017」にて、ゆずが描き下ろした本作主題歌『恋、弾けました。』をテレビ初披露した。 ゆずの二人が歌うバックでは、「斉木楠雄のΨ難」の舞台であるPK学園(ぴーけーがくえん)の緑の制服を着た総勢10名のダンサーたちが、ゆずの二人がMVで披露していることでも話題の“双子ダンス”を披露!テレビと映画の垣根を越えたコラボレーションが実現した。 途中からは、番組のMCをつとめる宮根誠司とウエンツ瑛士も参入!『恋、弾けました。』と「斉木楠雄のΨ難」のポップでアップテンポ、そしてみんなで楽しめる雰囲気そのままに、歌唱中にスマートフォンを介して会場を撮影、ゆずと観客が一緒にテレビ画面に映るなど、最高ににぎやかなスうテージとなった。 番組では山崎賢人が自身のInstagramアカウントにアップし、再生回数6,192,618回を記録、国内のInstagram10月間再生回数ランキングで堂々の1位を獲得した“双子ダンス”の映像も使用され、大盛り上がり! 「斉木楠雄のΨ難」も幅広い客層に愛され、大ヒット中!そして、一般の方々が、友だちで、兄弟で、そして双子で“踊ってみた”と映像が投稿され、拡散し続ける『恋、弾けました。』。歌唱終了後には北川もPK学園の制服に身を包み写真撮影をした。 (C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会