LiSA ニューシングルカップリング曲でロックアーティスト達とコラボ
11/29(水)にニューシングル『ASH』をリリースするLiSA。そのシングルに収録されるカップリング楽曲のクリエイター情報が公開となった。 シングルに収録されるカップリング楽曲は『罪人(読み:ツミビト)』・『ONLY≠LONELY(読み:オンリーノットイコールロンリー)』の2曲。11/13・14に放送されたTOKYO FM(全国JFN38局ネット)「SCHOOL OF LOCK!」内のLiSAレギュラーコーナー「LiSALOCKS!」にてそれぞれ世界初オンエア解禁となり、SNS上で大きな話題を呼んだ。 シングル2曲目に収録される『罪人』は、LiSA自身による作詞に、ロックバンド・MY FIRST STORYのShoが作曲・編曲し、”和”を感じさせるメロディにラウドでソリッドなサウンドが乗った激しいロックナンバーに仕上がっている。 3曲目に収録される『ONLY≠LONELY』は、これまでにもLiSAの楽曲を手掛けているシンガーソングライター・小南泰葉による作曲とバンド・PENGUIN RESEARCHのベーシストとしても活動する堀江晶太による編曲、作詞は今回初めてLiSAの楽曲を手掛けるロックバンド・BIGMAMA(ビッグママ)のVo・金井政人が手掛けている。「ライブを終えてファンの皆と離れた時に感じる寂しい気持ち、またファンの皆と会いたい気持ち」、その感情に名前を付けて曲のタイトルとした、切ないミドルナンバーに仕上がった。 表題曲「ASH」も含め、全収録楽曲がロックアーティストとのコラボレーションとなった今回のシングルは、アニメファンのみならず、ロックファンの心も掴む、正にアニメソングシーンとロックシーンを繋ぐ架け橋“ロックヒロイン”LiSAの真骨頂とも言える一作。 11/29(水)のシングルリリースを楽しみにしよう。 【カップリング楽曲を手掛けるクリエイターからのコメント】 Sho(from MY FIRST STORY) 全国の罪人(つみびと)男子達へ。この曲を聴いて悔い改めて下さい。 女子はあまりこじらせない努力を。 曲、歌詞、歌、全てが最高にリンクしたエモーショナルな歌謡ロックが出来たのではないでしょうか。 ライブで盛り上がる事間違いなしなので罪人達は準備宜しく。 金井政人(BIGMAMA) 例えば辛く悲しことがあったり、えらく億劫なことがあっても、変わってやることなどできないし、その逆もまた然り。 試される大事な場面、緊張の場面、 勝負の場面、結局のところいつも皆、それぞれの人生を”ひとり”生きていく。 ならば、ただ独り虫が湧いてしまうような卑屈さでいるよりも、思い出に寄りかかっていられる方が幾分楽になれるような気がしたので。 家族、友人、恋人、たとえどんなに離れていても、一人と孤独は違うって。 それを思い出せるような、言葉を音楽に添えて。 BIGMAMA 小南泰葉 身体が痛い時病院に行き、心が痛い時私はLiSAちゃんのライブに行く そしていつも涙で浸水する Dr.LiSAが処方してくれる歌にはステロイド並みの強力な即効性と、それなしではもう生きていけなくなるというフィードバックがあり、私にとっては魔法薬だ そんな名医に託した今回のメロディが ‘世界で一番美しい病気、恋の歌’になって返ってきた 切なくて苦しくて、酷く幸せなやさしい歌を、ありがとう ソニー・ミュージックレーベルズ / SACRA MUSIC / YAEVA MUSiC