中条あやみ・志尊淳・小関裕太 女子高にサプライズ登場でJK大興奮
「花とゆめ」で連載中の大人気恋愛コミック「覆面系ノイズ」が、待望の実写映画として11月25日(土)から全国公開されるが、14日に東京都・和洋九段女子中学校高等学校にて本作の公開直前イベントが開催された。 「特別ホームルーム」と題して、中条あやみ(有栖川 仁乃/ニノ役)、志尊淳(杠 花奏/ユズ役)、小関裕太(榊 桃/モモ役)が生徒たちの前にサプライズ登場した。 キャストたちが会場後方から入場すると、集まった約500人の生徒たちからは悲鳴にも似た大歓声が。黄色い声を浴び生徒たちとタッチしながらステージに登壇したキャストたちは、大熱狂する生徒や感激のあまり涙を流す生徒を目の当たりにし、「みんなかわいいですね!」「私も高校生に戻りたい!」とその反響に驚きつつも満面の笑みを見せた。 さっそく「覆面系ノイズ」の話題を振られると、中条は劇中で三角関係を演じる志尊、小関それぞれの印象についてコメント。「志尊くんは現場でも頼れるお兄さん的存在。役作りで悩んでいた時も『そのままで大丈夫だよ、楽しめればいいから』って見守ってくれる、すごく素敵なお兄さんでした。小関くんは昔から知っているので、会うとほっとする人。だから落ち着いて安心して演技に集中できました」と、充実した撮影を振り返った。 続いて「特別ホームルーム」のメインコーナーとして、生徒たちがキャストへ聞きたいことや相談をぶつける企画がスタート。大勢の生徒たちが挙手するなか、選ばれた幸運な生徒が壇上のキャストに直接質問を行った。 「笑顔をかわいく作る方法を教えてください」という問いには、ヒロイン役の中条が「今もかわいく笑えてたよ!」と優しく返すも、「お箸を噛みながらしゃべって口元を鍛える」「緊張して顔がこわばりそうになったら、家族とか好きな人とか思い出したら自然に笑顔なれるものを考える」と、モデルとしても活躍する彼女らしく具体的にアドバイス。「やってみてください!」と客席に向けた笑顔に、会場からは即座に「かわいい!」の声が上がるなど大いに盛り上がりを見せた。 男性陣への「年下の女の子が何をしたらかわいいと感じますか?」という質問には、女子高だけあって会場もさらにヒートアップ!志尊は「頼られると嬉しいので、年下っぽさを出して自然体でいてほしい」、小関は「意外と逆もいいかもしれない。大人っぽくいようとする姿がかわいいから、がんばらなくていいよって言いたい」と正反対にポイントを挙げ、生徒たちも大興奮。会場は絶叫レベルの歓声に包まれた。 さらに「いま高校生だったらどんな恋がしたいですか?」という質問には、小関が「自転車で二人乗り」、中条が「制服デート」と回答。甘酸っぱいシチュエーションが現役女子高生たちからも共感を集め、客席からは「したーい!」の大合唱が起きた。一方志尊は、「お弁当を作ってもらいたいな。作ってもらうんだったら絶対オムライス!すぐ好きになる」とテンション高く発言し、黄色い悲鳴と共に女子高生たちのハートを鷲掴みに。 また、会場からは「好きな人に会うと声が出なくなるのですが、どうしたらいいですか?」という初々しい質問も。本作のヒロイン・ニノも、伝えられない想いを歌に乗せて届けようとしていることから、中条は「突然歌い出したらびっくりされちゃうけど(笑)」と前置きし「話しかけなくても、すれ違う時にニコって笑ってみたら伝わるんじゃないかな」と優しくアドバスを送った。 そして、本作の見どころのひとつである演奏シーンでの難しさについて質問が飛ぶと、歌や楽器に真摯に取り組んだキャスト3人からは、それぞれ真剣な面持ちで熱い回答が。中条は、「音楽が大好きだからこそ中途半端にやりたくないと思っていたので、かっこよく歌や楽器を演奏するために地道に練習しました。大事なのは自信、楽しめることが一番。そのためにはちょっとずつがんばっていかなきゃいけない」と、ボーカリストを演じる上での思いを語った。本作でギターとピアノに初挑戦した志尊は、「ただ楽器を弾くのではなく、お芝居を含めての演奏をしなければならなかった。難しかったけどすべてやることでユズの役柄が作れたと思います」と、役作りについても言及。そしてベースに初挑戦した小関は、「もともと趣味でギターをやっていたので、そのおかげでベースが上達できたところもあると思う。興味があるものに挑戦してきたことが今につながっているので、大好きなものは続けてほしいと思います」と生徒たちにアドバイスも送った。 イベントの最後は、中条から会場の生徒たちにエールとメッセージが。「この映画では、ニノが信じる力をすごく大切にしています。目標に向かってまっすぐ突き進むことを大切にしているので、みなさんも好きなものがあれば没頭して、これからも夢に向かってがんばってください!」激励の言葉に、生徒たちも大きな拍手で応えていた。