来年成人の飯豊まりえ、リアルな二十歳のふりそで姿を披露
若手女優の飯豊まりえが、きもの「鈴乃屋」の2018年のイメージキャラクターに就任することが決定し、最新ビジュアルが解禁となった。 きもの「鈴乃屋」は、人気タレントを例年イメージキャラクターに起用しており、川島海荷や相武紗季などが起用されていたが、今回は、来年成人を迎える気鋭の女優、飯豊まりえを抜擢した。 飯豊まりえは、今年映画「暗黒女子」やフジテレビで放送中のドラマ「パパ活」など4作に主演、それいがにもドラマ8作に起用されるなど今年大ブレイク中。その他にもセブンティーン専属モデルや、関西テレビ「にじいろジーン」でMCなど女優のフィールドにとどまらず活躍の場を広げている注目女優。 今回鈴乃屋は飯豊を抜擢するにあたり、「飯豊さんが来年成人を迎えられること、同世代から人気があり、ソーシャルでも話題性があるので、リアルな二十歳のふりそで姿を伝えることで若者向けに着物の素晴らしさを伝えられる存在と思った。」という理由で鈴乃屋のイメージに合致し起用にいたった。飯豊自身も、「高級感溢れる晴れ着を沢山着ることができ、日本の文化を感じられて嬉しかったです!私と同世代の方々など沢山の人に着物の良さを伝えていけるように頑張りたいと思います!」とイメージキャラクターとして今後着物文化を同世代の若者に伝えていく意気込みで務めていく。   【飯豊まりえ コメント】 今回、撮影で一度にたくさんの着物を着ての撮影は体力的に大変ではありましたが、高級感溢れる晴れ着を沢山着ることができ、日本の文化を感じられて嬉しかったです! 普段は着物を着る機会はあまりないのですが、いつか映画やドラマの舞台挨拶でも着てみたいです! 今後イメージキャラクターに起用して頂いたので、私と同世代の方々など沢山の人に着物の良さを伝えていけるように頑張りたいと思います!