AKB48島田晴香 下着姿の撮られ方「可愛い子たち」で研究
11月13日にAKB48を卒業する島田晴香が、卒業直前にフォトブック『そんな生き方』(竹書房)を発売した。その発売を記念したイベントが、福家書店サブナード店で行われた。 出来上がったばかりのフォトブックを手にした感想を聞かれると「めっちゃ可愛いです。AKB48とかで見せたことのない表情とかがたくさんあったり、お尻とか胸とかレアなカットが見れますし、とてもキレイに撮ってもらっているので、お気に入りの一冊になっています」と喜んだ。 グラビアを見せることがレアケースである島田だが、今作ではグラビアの定番でもある水着を着用しない、セクシーな下着姿を中心に構成されている。「下着姿の写真を撮られ慣れていないので、可愛い子たちの写真集を見たり、ネットで「モデルさん・下着」とかで検索して、表情とかポーズを試行錯誤して研究しました」と明かし、その中でもお気に入りのカットは「新橋で撮影したショットなんですけど、ヨリで撮影すると新橋でもパリとかイタリアにも見えますので、かなりお洒落に仕上がっています。メンバーも海外だと思っていましたけど、私が海外に行った形跡がなかったので、すぐにウソがバレてしまいました」とおどけてみせた。 先月に同期でもある卒業生の永尾まりやも写真集を発売したが、「セクシーさでは永尾さんには勝てないですよ。永尾さんの写真集も買いましたけど、色気で無理ですね。でも自分なりに25歳になるので、大人っぽい表情もやりました。でもこれは勝負というよりポーズが被ったことが重要ですよ。同期で運命的なことを感じました」と話した。 フォトブックを見たメンバーの感想も続々寄せられたようで、「ぱるちゃん(島崎遥香)のことをたくさん書いているんですけど”私のこと好きすぎるね”と言われました。でも読んで感動してくれたみたいなので嬉しかったです。横山(由依)は仕事の帰りに同じ車だったので、その時に渡したら車内の暗い中で携帯電話のライトを点けて読んでくれました。まだ感想は聞いていないですけど、そこまでして読んでくれたのが嬉しかったです。でもゆいりー(村山彩希)とか、こじまこ(小嶋真子)とかは”島田さんのセクシーショットとか見れないんですけど”とか言われました」と明かした。 AKB48卒業後に芸能界を引退を宣言している島田だが、今後については「恋愛が解禁されますけど、恋愛をしている自分が想像できないんですよね。まず少し休憩したいです。それから新しい土地に行ったり新しい出会いがあればいいと思います。実は旅行をするのが好きなので、ひとりでニューヨークとかパリにも行っているんですよ。これからもひとりで色々なところに行って楽しみたいです」と語った。