「YA グラ姫 2018」ファイナリストお披露目、単独表紙懸け火花
「ヤングアニマル」(白泉社)× DMM.yell企画として、「ヤングアニマル」の表紙をかけて競う「YA グラ姫 2018」のファイナリスト7名が決定、都内でお披露目記者会見が行われた。なおこの模様は同時配信もされた。 参加者約100名の中から、葵あおい(花ちらし組)、池田優花(桃色革命)、木内くるみ(閃光ロードショー)、田仲はな(WiLL)、夏目愛海、MIYU(CHERRSEE)、横山あみ(PPP!PiXiON)の7名がファイナルに進出した。 イジリー岡田と浦えりかの進行で始まったお披露目会見には、そろいの白ビキニで、舞台本番中で欠席となった夏目を除く6名が緊張の面持ちで登場。イジリーに背中を押され、特技や、自己アピールを健気に行い、最後の決戦に気合を込めた。 アピールポイントを聞かれた面々、葵は「胸は無くてコンプレックスですが、おしりだけは自慢なのでそれを武器に頑張ります」。池田は「大きい口と、”細いね”と言われる線の細さと、無いおっぱいと、無いおしりも魅力のひとつです」。木内は「背も体も全部が小さいんですけど、誌面ではバレないので、それを生かして、巨乳のグラドルさんはいっぱいいると思うので、貧乳の良さを全国に伝えて行こうと思ってます」。田仲は「今”YA グラ姫”で掲載されているグラビアよりも、豆乳を飲んで大きくなった胸と、ぽってりした唇です」。MIYUは「ダンスで鍛えたお腹とか、ウエストも細くなるように鍛えているので、そこを見てもらいたいです」。横山は「ザ・グラビア体型なところと、口元のほくろに注目してほしいです」とそれぞれアピールした。 ほとんどが地道にアイドル活動する傍ら、起死回生を狙ってグラビア進出に懸ける彼女たち。そんな中、MIYUは今年2月「週刊プレイボーイ」でグラビアが初掲載され、その後「ヤングジャンプ」「ヤングアニマル」「ヤングマガジン」とコミック誌のグラビアをすでに経験し、ダンスで鍛えた引き締まったボディと、豊満美乳で話題となっている。また横山はコミック誌でのグラビア掲載のほかにイメージDVDもリリースし、その可憐な風貌からは想像もできないむっちりボディを見せている。はたして「YA グラ姫 2018」のグランプリの栄冠に輝くのは誰なのか?結果を楽しみに待ちたい。 7名は11月10日から投票バトルが始まり、グランプリ受賞者は海外撮影による、単独表紙が約束される。