Beverly 大統領からオファー「ASEAN設立50周年記念晩餐会」で歌唱へ
異次元のハイトーンボイスを持つアーティスト「Beverly」が11月10日から14日に母国フィリピンにて開催される「ASEAN首脳会議」期間中に行われる「ASEAN設立50周年記念晩餐会」にてドゥテルテ大統領や各国首脳の前で凱旋歌唱することがわかった。 Beverlyは、10月30日に首相公邸で行われた晩餐会に出席し、フィリピンのドゥテルテ大統領とフィリピン政府関係者、安倍総理夫妻や日本政府首脳陣の前でパフォーマンスを披露。パフォーマンス後に、Beverlyの歌声に感銘を受けたドゥテルテ大統領から、大統領秘書を通じ、自国フィリピンで開催する「ASEAN設立50周年記念晩餐会」での歌唱オファーが届き、今回の出演が決定した。 そもそも、Beverlyが10月の首相公邸晩餐会での歌唱することになったのは、安倍昭恵内閣総理大臣夫人からのオファーで実現。 特定非営利活動法人ハンズオン東京の障がい者の「就労」を促進するための日本初のプロジェクト「LIVES」で、音楽プロデューサーのつんく♂氏が作詞作曲したイベントテーマソング『Happy now』のボーカルをBeverlyが担当した。そのライブ歌唱を聴き、歌声に惚れ込んだ安倍昭恵内閣総理大臣夫人がドゥテルテ大統領をおもてなしする際に、その素敵な歌声を披露して欲しいとBeverlyにオファーし、実現したのだ。 今回Beverlyが登壇する、ASEAN設立50周年記念晩餐会は、開催国であるドゥテルテ大統領とフィリピン政府関係者を始め、ASEAN加盟21カ国政府関係者など各国の要人が出席予定となっており、日本、フィリピンを飛び越えアジアへとBeverlyの活躍の場が飛躍していく。 オファーを受けたBeverlyも「このような大変光栄なお話を頂き、驚きと、緊張といろいろな思いがありますが皆さんに素敵な歌声を届けられるように、頑張ります。フィリピンと日本の架け橋の一つとなれるよう、心を込めて歌います。」と意気込みを語っており、今後もBeverlyの活躍から目が離せない。