ベイビーレイズJAPAN メンバー全員で作詞に挑戦、3週連続ワンマンの最終公演で初披露
5人組アイドルグループのベイビーレイズJAPANが、年末3週連続ワンマン「EMOTIONAL IDOROCK FES. 2017」に向けて、メンバー全員で『2years』のアンサーソングの作詞に挑戦することがわかった。 『2years』はベイビーレイズJAPAN が2014年の日本武道館公演で初披露した、メンバー、ファンにとっても特別思い入れがある楽曲。今年でデビュー5周年を迎えたベイビーレイズJAPANが決意を新たにメンバー全員で作詞に挑戦、最終公演となる「THE BRJ SUPER LIVE〜僕らはここにいる!〜」にて初披露を予定している。 本日18時に公式ホームページにて公開された動画では「EMOTIONAL IDOROCK FES. 2017」のテーマ”有限実行”がメンバーたちの口から発表された。リーダーの傳谷英里香は「限りある時間と書いて”有限実行”ということで、年末までに『2years』のアンサーソングを5人で作詞します」と固い決意をコメントしている。 「EMOTIONAL IDOROCK FES. 2017」にはベイビーレイズJAPAN馴染みのスペシャルゲストが各公演にゲスト出演する。第1週・12月14日(木)開催の新宿LOFTワンマン(女性限定公演)はクワイフの森彩乃、第2週・12月20日(水)開催の東京キネマ倶楽部ワンマン(ファン倶楽部会員限定公演)は鶴が決定している中、第3週・12月28日(木)開催の新木場SUTUDIO COASTワンマンはPENGUIN RESERCHが新たに発表された。また、V.I.P.チケット限定のアフターパーティーにはDJダイノジとDJ小籠包の出演が決定。本日21時より無料ファンクラブの第2次先行がスタートする。 今年は野外ワンマン3連戦の他、上海・サンフランシスコの海外公演を成功させ勢いに乗るベイビーレイズJAPAN。今見るべき、熱量MAX彼女たちのエモーショナルなライブを見逃せない!