観月ありさプロデュース「座・ALISA 」が旗揚げ 第1弾出演者に松下由樹
女優、歌手、モデルとして第一線で活躍を続ける観月ありさがプロデュースする「座・ALISA 」が旗揚げ。第1弾として、喜歌劇「天国と地獄」オッフェンバック原作よりリーディングコンサート『「12月25日、雪」~天国と地獄~』を上演することが決まった。 観月ありさを中心に異なる分野で活躍する仲間達が集まり、より新しい感動を伝えたいという思いで旗揚げされた「座・ALISA 」 。記念すべき第1弾出演者には、CXドラマ「ナースのお仕事」以来の共演となる松下由樹が出演決定。その他出演者は後日解禁予定となる。 本作は、役者・歌手として第一線で活躍する観月ありさだからこそ融合できる、大人の愛の中にも忘れ去られたピュアな愛を教えられる女性讃歌のリーディング・コンサート作品となっている。物語は、運動会の徒競走の曲として有名な楽曲『天国と地獄』のオペレッタを原作に、日本のクリスマスに起こった悲喜劇にリライト。朗読と歌、そしてダンスを織り込み、面白く、そして切ないストーリーを展開。新しいエンタテインメントを贈る。 公演は、2017年12月11日(月)~12月13日(水)計3回、東京・天王洲銀河劇場、2017年12月20日(水)~12月21日(木)計2回、大阪・サンケイホールブリーゼにて上演する。チケットは、2017年11月9日(木)10:00~先行発売開始。最新情報は、公式サイトにて、随時公開される。