Perfume 3人それぞれが世界3都市から同時パフォーマンス
Perfumeが17年のキャリアで初めてNEW YORK、LONDON 、TOKYOの別々のステージに立ち、3都市を通信でつなぎ、新曲『FUSION』(MUSIC:中田ヤスタカ)のパフォーマンスをタイムラグなく同期させて全世界へ完全生中継した。 『FUTURE-EXPERIMENT』は、2020年代を見据えたNTTグループの最先端の通信テクノロジーを活用し、これまでにない高臨場感や新体験を伴うエンタテインメントに挑戦するプロジェクト。本プロジェクトの第一弾として、世界的に活躍するアーティストPerfumeとコラボレーションした取組み「VOL.01 距離をなくせ」が2017年11月8日、実施された。 今回のパフォーマンスでは、NEW YORKののっちとLONDONのかしゆかのパフォーマンス映像や音声を、NTTの「Kirari!」の中核技術である「高臨場感メディア同期技術(Advanced MMT)」によって東京にいるあ~ちゃんのパフォーマンスと同期させ、タイムラグのない映像配信を実現し、ロンドンから東京に届いた映像や音声のデータは東京会場内で次世代移動通信規格5Gの実験回線を使用して伝送することに成功した。 11月8日(水)21時00分。全世界のファンがFUTURE-EXEPERIMENT のWEBサイトにアクセスし見守る中、予告時間を迎えると配信がスタート。ニューヨーク、ロンドン、東京の順に光が落ち、ニューヨークをのっち、ロンドンをかしゆか、東京をあ~ちゃんがそれぞれ歩くオープニングムービーが始まった。「結成して17年、私たちは初めて、別々のステージに立つ。距離を超えて、私たちはどこまで息を合わせられるだろうか。想像を超えて、私たちはどこまで心に迫れるだろうか。」とメンバーのナレーションが流れ、3人が世界各国それぞれでパフォーマンスを行うことが明かされた。あ~ちゃんがパフォーマンスを行う東京・新宿の会場には、ファンクラブから抽選で選ばれた約50名のファンが招待されており、イベントの詳細が明かされた瞬間にどよめきが起きた。 オープニングムービーが終わると、世界各地に飛んだ3人が衣装に身を包んだ後ろ姿が映し出され、各国同様に作られた三角錐型のステージの中央へと向かった。3人がステージに立つと、「FUTURE-EXPERIMENT」のために制作された新曲『FUSION』がスタート。厳かなイントロから始まる曲に合わせパフォーマンスが始まると、カメラモーションの同期・ワイプ合成やモーフィングを使った演出※により、3人が1つの画面に集結した。東京とニューヨーク、東京とロンドンはそれぞれ約10,000kmあるが、3人のダンスにズレはなく、まるで同じ場所でパフォーマンスを行っているような驚きの映像を実現した。 さらには、ステージ中央に立つ3人の姿を、頭・右半身・左半身で1画面に合成するシーンでは、完全にシンクロさせたダンスにより、まるで1人の人間がパフォーマンスしているような映像に。指先の動きまでダンスをシンクロさせることにより実現する、Perfume だからこそできる演出だ。3人は終始凛としたクールな表情で、楽曲のイメージに合ったアグレッシブなダンスを披露。ラストは東京会場の映像に3人が合成され、『FUSION』のタイトル通り3人が完全に融合した。ドコモの5G技術、NTTの「Kirari!」の中核技術である「高臨場感メディア同期技術(Advanced MMT)」により、距離を越えタイムラグなく同期した圧巻のパフォーマンスで、世界中の動画視聴者を魅了した。 パフォーマンスが終わると、東京会場では割れんばかりの拍手が。のっち・かしゆかと再び音声と映像を繋ぎ、ファンを前に3 人でトークを展開した。あ~ちゃんが「どう?全くズレてなかったでしょう?」と呼びかけ、「パフォーマンスはドコモさんの通信技術を活用しています。ロンドンとニューヨークは、東京からなんと10,000km 離れているんですけど、私たち3人は大事なこの瞬間を共有できていました。これは本当にすごいことで、まるで距離がなくなって一緒にいるみたいな、世界中の人とそばにいることができる技術です。すごいよね!」と大興奮。かしゆかも「10,000km離れたところで同じパフォーマンスをするとは夢にも思ってなかったから、それが成功する日が来るなんて、すごいね!」と振り返った。 ライブ前に必ず手を重ねて円陣を組む「気合い入れ」についても、あ~ちゃんが「10,000km離れてやったの初めてだったよね」と2人に問いかけると、「バラバラだったね(笑)」(のっち)、「びっくりした(笑)」(かしゆか)と笑い、パフォーマンス以外には今回の通信技術が使われていなかったため、いつも通りにいかなかったことを語り合った。 さらに、今回使用された通信技術を使わずに、10,000km離れたお馴染みの「Perfumeです」の自己紹介にも挑戦。1度目は10,000km 離れた遅延を実感し、バラバラの挨拶を聞いたあ~ちゃんは「駆け出しのアイドルみたい(笑)こりゃいけんね!」と2度目の挑戦に。各々が遅延を計算して臨んだ2回目は息ピッタリの挨拶になり、図らずも自己紹介でも3人の絆を見せつける形となった。自己紹介に挑戦したのっちは、「本当にドコモさんの技術がないと、こんだけ大変なんだってことを実感してる!」と、その距離と通信技術を再実感していた。 最後にあ~ちゃんから、「一緒にいれることって当たり前じゃないし、感謝せにゃいけんなあ思うて。練習する時に離れていたらこんなに難しいもんなんじゃって。自分のパフォーマンスは二人があって、やっと舞台に立てると思った。だから、ありがとう。私をステージに立たせてくれてありがとう。」と、初めての試みを振り返り、17 年の絆で10,000kmの距離をなくしたPerfumeの挑戦は幕を閉じた。 ■実際に配信されたパフォーマンス映像を見た3人のコメント <あ~ちゃん コメント> あそこまで一人一人の動きをシビアにやらなくちゃいけないのは初めてで、大きなハプニングもなく無事に放送ができたことがわかって本当に良かったです。一緒にいれることって当たり前じゃないし、感謝せにゃいけんなあ思うて。練習する時に離れていたらこんなに難しいもんなんじゃって。自分のパフォーマンスは二人があって、やっと舞台に立てると思った。だから、ありがとう。私をステージに立たせてくれてありがとう。 <かしゆか コメント> これを全世界の人が見ていると思うと不思議です。これだけ離れていてもPerfume は3人で、周りで支えてくれているスタッフさん全員で成り立っているんだと感じました。離れていてもつながっているし、そばにいるっていうのを今回を通して実感して、さらにPerfume が強くなった気がします。もっといろんなことに挑戦したいなと思いました。ありがとうございました。 <のっち コメント> パフォーマンスをしているときより、映像をチェックしている時間が一番緊張しました。3人で感想を言い合うのが楽しみです。 本番の映像を見て、リハーサルで何度もパフォーマンスしたのとは違う、3人が一緒にいると初めて思えて、今回のプロジェクトは本当にすごいことなんだなと思いました。すごい鳥肌が立ってびっくりしました。