指原莉乃プロデュース=LOVE 東京ドームシティで新曲初披露
12月6日(水)にリリースされる指原 莉乃×代々木アニメーション学院プロデュースのアイドルグループ”=LOVE”の2ndシングル『僕らの制服クリスマス』。 先日公開されたMusic Videoも大きな話題となり、Youtube急上昇ランキング2位にランクインするなど彼女達の勢いを感じさせる結果となっている。そんな=LOVEが11月7日東京ドームシティ ラクーアガーデンステージでイベントを開催し、話題の新曲を初披露した。当日は東京ドームで乃木坂46の公演も行っており、会場には=LOVEファンは勿論、一目=LOVEを見てみようという乃木坂46ファンの姿も多く見受けられた。お陰で会場はスタート前から熱気に包まれていた。ライブ1曲目はデビューシングルである『=LOVE』。まさに名刺代わりの1枚と言える1曲で序盤から会場は大盛り上がり。続けてデビューシングルのカップリング曲である『記憶のどこかで』と『スタート!』を披露したところで、新曲初披露を発表。 佐々木舞香は新曲について「私達世代の甘酸っぱい恋模様を描いた素敵な曲になっています。ライブ中の私達の表情にも注目して楽しんで頂けたらと思います!」と語った。初披露された『僕らの制服クリスマス』は歌詞にも登場するグレンチェックのマフラーを使った可愛らしいダンスが特徴的。会場にはいち早くマフラーを用意してライブに臨むファンの姿も見受けられた。初パフォーマンを終え、大谷は「これからのクリスマスは、この曲と共に毎年みんなと過ごせたら嬉しいです」とコメント。またセンターの髙松は会場近くの東京ドームで乃木坂46がライブを開催している事を受けて、「いつかは私達もドームでライブが出来るようにこれからも頑張っていきたいです!」と大きな夢を語った。