テミン(SHINee)初ソロ日本武道館公演の一部映像を先行公開
テミン(SHINee)の日本武道館初ソロステージをパッケージ化した『TAEMIN THE 1st STAGE NIPPON BUDOKAN』から『さよならひとり』のライブ映像が先行で公開された。 『さよならひとり』は、昨年、日本でソロデビューしたテミンのデビュー曲で、その振り付けは、世界的に有名なダンサー菅原小春が担当し、他者とは一線を画すそのパフォーマンスで国内外問わず話題となった。 日本武道館でのソロステージでは、360度観客に囲まれたセンターステージで、クライマックスの後半に披露された『さよならひとり』。その舞うようなパフォーマンスは、妖艶でストイックな世界観というテミンの魅力を最大限に表現しており、楽曲後半のさらに激しくなるそのパフォーマンスに合わせて、舞い散る花びらの演出は、ライブとは感じさせないほどの幻想的な世界となっている。ステージ上からテミンの繊細な動きに合わせて撮影されたこの映像は、目の前に感じるテミンの圧巻のパフォーマンスとその迫力で、観る者をその世界に引き込む圧倒的な映像は必見だ。 この『さよならひとり』も収録されたBlu-ray/DVD『TAEMIN THE 1st STAGE NIPPON BUDOKAN』は、本編ライブ・MCをノーカットで収録するほか、特典映像として、日本武道館公演の内側に迫る46分に及ぶリハーサル、ステージの裏側、テミン本人のインタビューなども収録。さらに同梱のPHOTO BOOKLETは、当日のライブ写真数千点の中から厳選されたベストテイクを使用、ライブの時系列に沿って構成されており、当日の模様をビジュアルでも楽しむことができる。 28,000人を即完動員・熱狂させた渾身のテミン初のソロステージが体感できるBlu-ray/DVD『TAEMIN THE 1st STAGE NIPPON BUDOKAN』は、絶賛予約受付中。さらに初回限定盤Blu-ray」「通常盤DVD」の予約・購入(先着)特典も決定。詳しくはオフィシャルページをチェックしてみよう。