SKE48が未来を語る、松井珠理奈の告白にメンバーの涙が止まらない
2017年11月26日(日)午後5時から、CSテレ朝チャンネルにて、「SKE48のホームパーティー!!でら騒ぎだぎゃ2時間SP」が放送される。 今回の舞台は、名古屋。お気に入りの名古屋名物のスイーツを各自が持参。いつもは、制服(ステージ衣装)の印象が強いSKE48のメンバーたちだが、今日は私服で集合がかかっただけに、お互いいきなりの「ファッションチェック」。果たして、センスが一番光るメンバーは誰なのか!? ホームパーティーの楽しみの1つは、「たこ焼き」。いつも本当にメンバー同士で開催しているという「たこ焼き」には、こちらも各自のこだわり具材が。タコ・キムチ・アボカド・シュレッドチーズ・肉みそ(名古屋のソウルフード台湾ラーメン「味仙」) ・コーン・ウインナー・カット餅・明太子・うなぎ・納豆に、なんと!チョコ・バニラアイス・小倉あずきまで。 そして、自宅でも、かなりの頻度で料理をしているという松井珠理奈が、「珠理奈特製のオリジナルレシピ」を披露。その名も「餃子の皮とささみとチーズに、しそをつかった揚げ焼き」。この他にも手際の良さで計3品を披露する腕前を見せる。 また、食事が終わるとガールズトークから、「新感覚!人狼ゲーム」を展開。メンバー内の“緊迫の心理戦”は見所の1つ。そして、あるメンバーの誕生日サプライズも。 そして番組のクライマックス。ラストは、今年の10月で劇場デビュー9周年を飾ったSKE48の未来についてのマジトーク。 SKE48を今日まで支えてきた松井珠理奈が見て来たSKE48の9年間。正式にメンバー入りしてからわずか3か月の11歳でAKB48のセンターに大抜擢をされたものの、そこで感じた苦悩の日々。そんな時代を乗り越えられたからこそ、彼女がいま語る1つ1つの言葉の重みにメンバーの胸も熱くなる。最近思うこと・気づいたこと、ライバルのこと、若手メンバーへのこと。「テレビで話したことがなかったと思う」と振り返る貴重な話の連続。メンバーは、SKE48のこれからの未来・理想・夢など、心を開放して語り合ったようだ。 今年、AKB48選抜総選挙で躍進を果たした「9年目の革命」から「結成10年目へ…」各メンバーがその想いを言い合うラストシーンは必見だ。 <(収録直後) 松井珠理奈 コメント> ホントはこのホームパーティー終わってほしくなかったなというのが率直の感想です。最初はみんなが笑って、料理して、ゲームして、“楽しいな!楽しいな!”って思っていたら、最後にみんながあんなに涙してしまうとは…(笑) この番組を観て、SKE48の熱さを感じて、もっともっと私たちのことを好きになっていただけたらなと思います。