川栄李奈 イメージ覆す迫力のアフレコ映像解禁
11月18日(土)全国ロードショーとなる映画「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」にて、一番のヒール役である“闇の姉妹”を演じた川栄李奈のアフレコ&インタビュー映像が解禁された。 「ティム・バートンのコープスブライド」、「コララインとボタンの魔女」のスタジオライカが日本を舞台に描く、アカデミー賞ほか世界の映画賞を席巻中のストップモーションアニメ「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」。数々の傑作を送り出してきたストップモーション技術最高峰・スタジオライカが、情感あふれる日本の風景や風習を、息を飲む美しさで描いた本作は、本年度アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のノミネートを始め、〝アニメ映画界のアカデミー賞″と称されるアニー賞にノミネートされるなど、全世界の映画賞を総なめした話題作だ。 本作一番のヒール役である“闇の姉妹”を演じた川栄李奈。先日解禁されたばかりの日本語版本編映像では、迫力満点の声で見事に“闇の姉妹”を演じきっており、SNS上では「うまい!」「声優さんかと思った!」といった絶賛の声が続々と集まっている。 そんな中解禁された今回のアフレコ映像は、船上での“サル”との戦闘シーン。映像を見つめながら台本をすばやくめくり、声を荒げる様子はまさに真剣そのもの。アクションシーンということも手伝って、川栄の普段のイメージを覆す圧巻の迫力で“闇の姉妹”を演じた様子が伺える。“サル”役の日本語版吹替えは、攻殻機動隊シリーズ草薙素子役や洋画吹替えの世界でも大人気の田中敦子が演じており、まさに大ベテランの声優との一騎打ちを、声でも映像でも繰り広げている貴重なシーンが解禁となった。 「普段からアニメーション映画が好きでよく観ていたので、オファーをもらったときはうれしかったです。」とオファーを受けた際の心境を笑顔で語る川栄だが、本国では実力派女優ルーニー・マーラが演じる“闇の姉妹”を演じるにあたり、自宅では相当な練習を積んだんだとか。「家でめちゃくちゃ練習しました。声のお芝居はあまり経験がないのですごく緊張しましたね。」と慣れない「声」での芝居に苦労した様子も。しかし、実際に収録が終わってみての感想を聞かれると「楽しかったです!自分の声がどうなっているのか、不安な部分もありますが(笑)。」と茶目っ気たっぷりに答えており、声優として悪役を演じる本作でのチャレンジを心底楽しんだことが伺える。 演技派女優として人気ドラマ、映画、CMへの出演で快進撃を続ける川栄の、見たことのない新しい一面を、ぜひ、ご堪能いただきたい。 (C) 2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.