Da-iCE花村想太、初の単独主演舞台でテーマソング作詞&歌唱
5人組ダンス&4オクターブボーカルグループDa-iCEのボーカル花村想太が、初単独主演舞台「駆けはやぶさ ひと大和」で、テーマソングの作詞を手掛け、さらに歌唱することがわかった。 時代を疾走する男たちの熱き生き様を描く舞台「もののふシリーズ」最新作にして、とうとう最終章となる「駆けはやぶさ ひと大和」。本作の上演は、2018年2月に決定。東京、大阪で上演される。 花村想太は初単独舞台主演で新撰組隊士・中島登役を務める。その他のキャストに、榎本武揚役に久保田秀敏、沖田総司役に山本涼介、市村鉄之助役に杉江大志、横倉甚五郎役に健人、 伊藤博文役に近藤頌利、島田魁役に林田航平、 桂小五郎役に歌舞伎俳優の中村亀鶴、前回のもののふシリーズ「瞑るおおかみ黒き鴨」で主役を務め、映画、舞台、テレビに活躍する青木玄徳が斎藤一役を続投し華を添える。また、土方歳三役には、若手男性俳優集団D-BOYSのメンバーで、俳優のみならずアーティストなど幅広い活動を躍進する荒木宏文、新撰組局長・近藤勇役に映画、テレビ、舞台、ラジオ、CMとマルチに活躍する的場浩司ら豪華キャストが出演する。 作・演出は、もののふシリーズを全作手掛けた西田大輔が続投。最終章に向け、「もののふシリーズは、観客の皆さんが創ってくれたもの。作品は終わっても、物語は続いていく。人生と同じように」とメッセージを綴った。 もののふシリーズ最終章「駆けはやぶさ ひと大和」の本公演は、東京・2018年2月8日(木)~18日(日)天王洲 銀河劇場、大阪・2月24日(土)~25日(日)森ノ宮ピロティホールにて上演される。チケット最速抽選先行は、11月6日(月)午前10時~受付開始。最新情報は、公式サイトにて随時公開される。