「クワガタの交尾で元気に」岩井拳士朗のアウトっぷりがヤバい
2日に放送されたフジテレビ「アウト×デラックス」で変わった趣味を披露した俳優・岩井拳士朗が話題になっている。 岩井はクワガタが大好きで、家で成虫を十数匹飼育しており、更に幼虫も育ててかなりの数を繁殖しているそうだが、この日紹介された“アウト“は、「クワガタの交尾を見て自分も元気になっちゃう」という内容だった。 そもそも岩井は、クワガタの交尾は神秘的なもので、“そういう”目で見ていない!という事だったが、「元気になっちゃう」という部分をマツコ・デラックスから問われるとすんなり認め、矢部浩之から「アウトー!」の連発。 珍告白を受けて一部SNS上では、「岩井拳士朗カッコイイのにヤバい!(笑)」「その顔で下ネタとか最高(笑)」「可愛い顔して何言ってるんだ!笑」「今流行りの塩顔イケメンなのに残念で好感が持てるww」などと盛り上がっている様子。 中々あけすけに話せる若手俳優はいない様に思えるが、岩井の雰囲気とはなし方が“かわいい”印象の様で、「変態だけど好感度の上がり具合ハンパない!」「今日のアウトデラックスで最強好きになった」「絶対仲良くなれる!」「ちょっと変だけど、マイナスイオン出てて可愛い~」とポジティブな意見が止まらない。「番組史に残るアウト回だな」「今日のアウトデラックス、神回!」と放送を絶賛するものから、「コクワガタが好きだけどニジイロクワガタもいい!」「久々にブリードしてみたくなりました」とクワガタ仲間からのメッセージも。 番組ではただ「交尾が好き」とクローズアップされてしまった様だが、岩井の過去のインタビュー記事などを見ると、中野を「聖地」と呼び、むし社発行の「ビークワ(BE-KUWA)」をバイブルとし、繁殖セットを組んで作業に没頭したり、“昆虫といえば”大先輩・香川照之、哀川翔との共演を夢見ているようだ。 事務所プロフィールによると、クワガタだけでなくトカゲも飼育し、化石を見つけに行くことも趣味な様で、レギュラー出演していたドラマ「コード・ブルー」の撮影の帰りには、樹液の匂いをたよりに近くの山に寄ってクワガタを探したり、化石探索をしていた模様。今回はバラエティ番組ゆえの放送内容ではあったが、岩井の“ガチ”さが伝わる様な企画や番組でぜひまた見てみたい。