「SKE48を変えたい」8期生TeamS昇格組が分析する今の弱点
SKE48 9周年特別公演で、昇格が発表されたメンバーの中に8期生の仲良し3人組がいる。。10周年を目前にし、大いに盛り上げて行きたい湯浅支配人の期待が込められた今回の昇格で、彼女らは何を思うのか?今のSKE48の改善点は?未来のSKE48は?3人に思う存分語ってもらった。 ―みなさんはSKE48 9周年特別公演の最後に昇格発表され、TeamS所属となった訳ですが、聞いた時如何でしたか? 北川愛乃 7期研究生の方が、私たち8期を引っ張って来てくだったので、次は昇格してほしいとずっと思ってまして、相川暖花さんと片岡成美さんの昇格を聞いた時に嬉しくて、もう泣いてしまって、まさか自分が呼ばれるとは思いませんでした。 野村実代 私、絶対名前呼ばれないだろうなと思ってたんですよ。発表は五十音順なので、“の”よりあとの人が呼ばれたら終わりだなって。呼ばれたら腰抜かしちゃって(笑)、多分劇場に立ってきて一番泣いたなと思います。しかもこの3人、仲が良かったので嬉しかったです。 井上瑠夏 最初相川さんが呼ばれて8期生のみんなと喜んでいたら、次に呼ばれて、頭が真っ白になって、何が起こった?って感じで本当にびっくりしていたら、山内鈴蘭さんが耳元でずっと”るーちゃん“って言ってくださって。私、後ろのほうで泣いてたんですけど、TeamSのみなさんに前へ連れて行かれて、あぁいう時は前に出なきゃいけないんだなってことを学びました(笑)。同期で頑張ってきたメンバーと離れてしまうという悲しさと不安と、これからTeamSで頑張るぞという嬉しさと、両方あって複雑な涙でした。 ―湯浅支配人も「10周年は今までになく盛り上げる」ということで、期待されての昇格だと思いますがどうですか? 野村実代 10周年に向けてチームに新しい子が入ってきて、もっともっと次の世代が盛り上げていかなきゃいけないというメッセージかなと。どんどんガツガツ行かないと埋もれてしまうから、コツコツ頑張ってねと言われました。 ―支配人から言われたんですか? 野村実代 はい。発表後に湯浅さんにLINEを送ったんですよ。「ありがとうございました」って。 北川愛乃、井上瑠夏 す、すごーい!連絡先知らない… 野村実代 普段しゃべっていて、会話の流れで聞いたのかな。 ―昇格を家族は喜んでくれました? 井上瑠夏 お母さんが泣いて喜んでくれました。 野村実代 お姉ちゃんが元々AKB48(野村奈央)にいたんですが、研究生のまま卒業してしまって、 “お姉ちゃんの分も頑張ってね”ってエールをくれました。 北川愛乃 「9周年公演」の時に両親が大阪から観に来てくれていて、(名古屋の)自宅に帰ったら、両親が待っていてくれていて、抱き合って喜びました。 ―SKE48を変えていこうという気持ちもありますか? 井上瑠夏 あります!今までと同じことをやっていたら、昇格させていただいて、何を変えることが出来るのかずっと考えているんです。先輩方からは”全力さ“を大切にしていることを学んだので、その全力さは忘れずにさらに頑張っていきたいです。大矢真那さんに、”何事もがむしゃらさを忘れずに頑張れば、必ず報われる時が来る“と言われたことがずっと頭に残っています。 北川愛乃 TeamSの公演を見学させていただいた時、思ったことをメモして、反省会で伝えたんです。元々SKE48のファンで、過去のSKE48のドキュメンタリー映像とか観て、がむしゃらさとか、汗の量がハンパないとか、そういうのがカッコよくて、私もSKE48に入ったんですね。ちょっと言いにくいんですけど、その時思ったのは、人によってパフォーマンスに差があって、がむしゃらさがあまり見えなくて……。昇格させていただいたし、これから良いチームにしていきたいし、そこは言ったんですよ。 井上瑠夏 私もいたんですけど、先輩方が本当に真剣に聞いてくださって、アツかったです。 北川愛乃 今のTeamSは、こんな私が言っていいのかわからないですが、やっぱり以前のようながむしゃらさをもっと出していかないとダメだと思うんです。私、劇場公演が好きで、毎回倒れるくらいの勢いでやっているので、自分がそういう姿勢を毎回見せて、少しでも変えて行けたらと思います。チームによって盛り上がり方も違って、TeamKⅡさんとかアツいんですよ。メンバーとお客さんの一体感も生まれていて、心から楽しいと思えるんですよ。 井上瑠夏 よっしー(北川)が言ってくれたあと、舞台監督さんも「よっしーと同じ意見」って言ってました。私も先輩に喰らい付く勢いで、埋もれないようにパフォーマンスをもっと勉強しなければと思いました。 野村実代 昨日初めてのTeamS公演で、すごい盛り上がってくださって嬉しかったんですけど、これからずっと続くように、自分も力になれたらいいなと思うし、劇場だけでなく、一般の方にもSKE48を知っていただいて盛り上がってもらいたいです。最近SNSのツールも増えたので、SKE48はこんなにアツいグループなんですよって外へどんどん発信して行きたいです。いま“SKE48盛り上がって来てる”って言われているのでチャンスです! ―今のSKE48で足りないものは? 北川愛乃 「AKB48選抜総選挙」の時にミニライブがあったんですけど、STU48やAKB48 16期生のライブはあったんですけど、SKE48 8期生は無くて、差をすごく感じました。発信が弱かったり、期待されてないのかなあって思ったり。まず期待される存在になりたいです。 野村実代 名古屋にはSKE48だけじゃなくって、たくさんアイドルがいるんですよ。結成当初はテレビで見かけることが多かったんですけど、ほかのグループも見るようになって、名古屋といえばSKE48というイメージをもっと強くしていかないといけないなって思いました。 井上瑠夏 もっと先輩に喰らい付いていかないとダメで、今の私は先輩に「ここ空いてるけど出来る?」って言われても前に出られないので、そういうところを変えていけたら、先輩たちも刺激を受けて変わっていけると思うのですが、私たちがそれをまだ出来ていないので、もっと自信を持てたらと思います。 ―ほかの48グループにライバル心はありますか? 野村実代 AKB48 16期生とほぼ同期で、前にSKE48劇場で出張公演されてて、こんな機会滅多にないと思って観に行ったんですよ。舞台監督さんに言われたのは、“AKB48 16期生は、SKE48よりもSKE48らしいパフォーマンスをしてる”と。その言葉が心に刺さって、けっこう落ち込んだんですけど、これをバネにSKE48らしい全力のパフォーマンスをしなければいけないと思って、出張公演を観に来ていなかった子たちにも、“私たち負けてるんだよ”っていう悔しい思いを伝えました。でも次の自分たちの公演は“全力で良かったね”って(舞台監督さんが)言ってくれて、その時思った気持ちを忘れずにステージに立って行けば、自然と“全力SKE48”のパフォーマンスが出来るのかなと。 井上瑠夏 私たちの公演は“とびきり目立った子がいない”って言われていたんですね、16期生さんの公演は、一人一人が全力で、例えばジャンプするのも高さで目立ってるし、口を大きく開けていたり、こんな見せ方があるんだってびっくりしました。そういうところが足りないんだなってみんなで話しました。少しでも変わりたいなあって。 北川愛乃 私も(AKB48 16期生公演)観たんですけど、当時は研究生で、“研究生のみんなで頑張ろう”って思ってたんですけど、公演を観て、意識の低さが分かったと言うか、AKB48のメンバーがSKE48らしいと言うのが私も一番悔しかったです。ほかのグループと対決する前にSKE48が高い意識を持って強くしていかないといけないのかなと思います。 井上瑠夏 今まで研究生同士のライバル心はあったんですけど、ほかのグループへの対抗心というのがなかったんです。16期生が出張公演されて、私たちが観たからこそ、そこで”ライバル“という意識が芽生えました。 野村実代 私たち、まだ出張公演も出来てないし、そういう意味でも負けてます。 ―TeamSとしてもSKE48としても大先輩の松井珠理奈さんとは話ししたりするんですか? 野村実代 「美浜海遊祭」でインタビューがあって、その時に珠理奈さんとお話しする機会があって、さっきの“AKB48 16期生がSKE48よりもSKE48らしい”って言われた話をしたんですよ。そうしたらすぐに「これから負けないようにSKE48を引っ張って行ってね」って言われました。 北川愛乃 たまにTeamS公演出られた時に、私たちがバックダンサーで立たせていただいたんですけど、リハーサルも観てくださって、観た感想とかをひとりひとりアドバイスくださいました。“バックダンサーだけど、歌ったほうが表情も出るし良くなるよ”とか細かい指示をいただきました。忙しいのに後輩もちゃんと観てくださって嬉しかったです。 井上瑠夏 私も「美浜海遊祭」でインタビューさせてもらったんですけど、この時全然踊れてなくて悔しい思いをしていたんですが、楽屋で珠理奈さんから、8期生のオーディションの時に私を見て「“この子センターになるんだろうな”って思ってたら、研究生公演でセンターになってたし、だからもっと出来る」って言われて、心にグサッと来て燃えましたね。今以上のことをもっとがむしゃらに頑張るしかないですね! ―同年代の小畑優奈さんがセンターになったことについては如何ですか? 野村実代 ゆななさんがセンターということよりも先ず、選抜に同期の矢作有紀奈ちゃんが入ったことがすごい悔しかった。 北川愛乃 今までSKE48って(松井)珠理奈さんと(松井)玲奈さんがセンターをやられてて、そこに(北川)綾巴さんとか、後藤楽々さんとか入られたりして、最近センターの流れが変わってきたじゃないですか?今回小畑さんがセンターで、若いメンバーでもチャンスがあると知って、自分でもセンターを狙いたいという気持ちはあります。燃えますよね。 ―みなさんも正規メンバーになりました。センターの話が来たら受けますか? 3人 やります!! ―強いですね。プレッシャーはないですか? 3人 なってから考えます!