椎名林檎 約3年ぶりのアルバムリリース&全国ホールツアー開催決定
本年の椎名林檎は、TVアニメ「昭和元禄落語心中-助六再び篇-」の主題歌として林原めぐみ扮する“みよ吉”へ提供した『今際の死神』、TBS火曜ドラマ「カルテット」の主題歌『おとなの掟』、GINZA-SIXグランド・オープンへ寄せた楽曲『目抜通り』など、依頼があった場面へ粛々と詞曲を書き下ろし、折々の季節をほんのり彩ってきた。そして迎えた今冬、特に要望が多かったセルフカバーアルバム第二弾をリリースする。 前作の『逆輸入 〜港湾局〜』は一曲ずつ別々の編曲家を迎えたアルバムだったが、今作『逆輸入 〜航空局〜』は斎藤ネコ、村田陽一、名越由貴夫、朝川朋之といった近年の椎名プロダクトに欠かせない、いわばブレーンとも言うべき音楽家との、綿密なやり取りを経て作り上げられた作品。2000年から2017年にかけて誂えてきた提供楽曲を、このたびは信頼の演奏家陣と共に実演。国宝と讃えられる辣腕ばかりが音を連ねている。 石川さゆり、栗山千明、柴咲コウ、SMAP、高畑充希、ともさかりえ、Doughnuts Hole(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)、林原めぐみ、深津絵里(五十音順/敬称略)、どんな作家でも自ずと執筆意欲を掻き立てられてしまうような、何れ劣らぬ指折りの表現者へ提供してきた楽曲の数々。それらが今、作家本人の手によって新装・・いわば逆輸入されることになった。 椎名林檎約3年振りのアルバム・リリースの発表と共に、全国ホールツアー開催のビッグニュース! デビュー20周年を迎える2018年、全国ホールツアーの開催が決定した。 ツアータイトルは椎名林檎「ひょっとしてレコ発2018」!来年3月2日(金)川口総合文化センター リリアを皮切りに5月27日(日)鹿児島市民文化ホール第一まで、全国17開場23公演を予定。ツアー開催は、「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」以来、約3年ぶりとなる。 そして、同ツアーのチケット入手を熱望されるファンに朗報! 12月6日(水)発売のセルフカバーアルバム第2弾『逆輸入 ~航空局~』初回限定生産盤、通常盤(初回プレス分のみ)特典として、椎名林檎「ひょっとしてレコ発2018」先行予約受付シリアルナンバーが封入されることも決定した! 年末の新譜リリースから来年のツアー開催と、キャリア20年、円熟の期を迎える音楽家・椎名林檎に注目してみよう。