モー娘。原点『愛の種』、初期メンバー5名と’17が奇跡のコラボ
今年の9月14日に結成20周年を迎えたモーニング娘。だが、20年前の11月3日に、インディーズシングル『愛の種』をリリースした。 本シングルは “メジャーデビューを目指し5日間で5万枚売る” という試練がメンバーに課された作品。この試練を乗り越え、メジャーデビューを果たし今日に続いている。そして、この度20年の時を越えて、再集結したオリジナルメンバー5人と現役メンバーのコラボレーションにより『愛の種』がリメイクされ、11月3日に配信限定リリースされることが明らかになった。 1997年11月3日の発売から20年の時を経て、オリジナル&現役メンバーによるコラボ作品としてリメイクされた『愛の種』。オリジナルメンバー5人が初めて再集結し、現役メンバー14人との世代を超えたコラボレーションがついに実現。その名も「モーニング娘。20th」。印象的なイントロフレーズ等は残しつつ、アレンジも新たにレコーディングされた20周年企画シングルにぜひ期待してほしい。 モーニング娘。20th メンバーコメント <中澤裕子> 1997年11月3日 インディーズCD5万枚手売り活動開始。 あれから20年。 再び初期メンバー5人集まりました。 20年前のモーニング娘。と20年後のモーニング娘。’17と歌う新しく生まれ変わったモーニング娘。の 始まりの曲『愛の種』。多くの方に聞いて頂けたら幸せです。 新旧問わず全てのファンの皆さんのおかげで、モーニング娘。は20年を迎える事が出来ました。 ありがとうございます!これからも皆さん、モーニング娘。をどうぞよろしくお願いします!! <石黒 彩> お話を頂いて、驚きと喜びでいっぱいになりました! 20年前、5人で競うように歌ったレコーディング...思い出しながら気持ちを込めて歌っています。 『愛の種』は5人にとってとても思い入れのある曲なので、現役メンバーと一緒に歌えるのが本当に幸せです。皆さんに20年分の感謝を込めて! 是非聞いて下さいね。 <飯田圭織> 毎年11月になると『愛の種』を思い出して、結成日から時を数えていました。 それが今年で結成20周年という事で、今でも当時の記憶が色濃く残っています。あの頃の希望に満ち溢れた日々、とにかく必死で辛かった日々、様々な記憶が蘇ってきます。メジャーデビューの夢を掴めた大切な一曲ですし、私達にとって様々な熱い想いが込められている一曲です。20年が経ち、それぞれが大人になってまた違う表現で歌った『愛の種』をお届けできると思っています。 私自身は、産後1ヶ月でレコーディングしましたので、母の感じがたっぷり詰まった『愛の種』になっていることと思います(笑) いつでも笑顔で一生懸命頑張っている現役メンバーと歌える事もとても嬉しく、今回の作品もまた私にとって大切な一曲になりました。 <安倍なつみ> 愛の種から20年…。 こんな日を迎えられるなんて…とても感慨深く、当時の事を懐かしく思い出しながら、 新鮮な気持ちと共に歌わせていただきました。 <福田明日香> モーニング娘。デビューから20周年おめでとうございます! 今回、初代メンバーと現役メンバーのコラボという素敵な企画に参加できて光栄です。MV撮影では、初代メンバー揃って18年ぶりの共演でしたが、不思議とあの当時のままの気分でまったく違和感ありませんでした。 『愛の種』という曲には、私たちの青春が詰まっています。現役メンバーの元気いっぱいの歌声、 2017年バージョンのサウンド、すべてが興味深い仕上がりになっていて、とても楽しかったです。 <譜久村 聖> ※モーニング娘。’17 リーダー この曲からモーニング娘。は始まり、今私たちがこうして活動出来ています! 先輩方、そして応援してくださった全ての方々に感謝の気持ちを込めて歌いたいと思います。 1期メンバーさんとモーニング娘。’17のコラボ! 信じられなくて今もドキドキしています。 沢山聴いてください!