「劇団4ドル50セント」センター 國森桜、可愛すぎる初グラビア単独出演に注目
秋元康氏が新たにプロデュースする「劇団4ドル50セント」の國森桜(くにもり・さくら)が、「Samurai ELO」(三栄書房)にて初の単独出演を果たし、注目を集めている。 広島県出身の18歳、現役高校生の國森は、所属する「劇団4ドル50セント」の中心メンバー。また、同劇団加入直後から、「昔の前田敦子を彷彿とさせる」「カワイイ!」「大成する予感しかない」「何かすごく可能性を感じる」など注目を集めていた國森。9月16日に行われた「GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」でも、センターで堂々たるパフォーマンスをして観客を魅了していた。   「劇団4ドル50セント」とは 応募総数約5000名から選ばれた30名(女性20名、男性10名)の劇団員はほぼ演技経験がない素人で、1年間にわたる厳しい稽古を経て、11月3~5日のプレ公演(@東京・表参道スパイラルホール)、そして2018年2月にスタートする旗揚げ本公演(@紀伊国屋ホール)に臨む。