荻野目洋子 “バブリーダンス”で『ダンシング・ヒーロー』驚異のリバイバル・ヒット
大阪府立登美丘高校ダンス部が「日本高校ダンス部選手権」で準優勝した「バブリーダンス」動画がユーチューブなどで大ブレイク! ダンスに使用された荻野目洋子の1986年のヒット曲『ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)』(発売は1985年11月)がビルボード・ジャパン・チャートで2位になるなど急浮上し、驚異のリバイバル・ヒットとなっている。 女子高生たちがバブル期のボディコンファッションに身を包み、切れ味たっぷりのユニークなダンスを披露する動画のBGMに『ダンシング・ヒーロー』が使用され、荻野目洋子本人も驚愕。バブリー・ネタで人気のお笑い芸人、平野ノラの声をダンスの合間にはさんだ突っ込み(ブレイク)なども10代を中心に大注目を集め、YouTubeでの動画再生数が一気にアップ、なんと1,100万回を突破(10/31現在)。これを受けて、各チャートアクションも急上昇。ビルボード・ジャパン(10/2付で2位)、COUNT DOWN TV(9/30付で3位)等に続いて、LINE MUSICでも10/14には総合2位まで浮上した。 荻野目洋子自身も、10月14日オンエアの「めちゃ×2イケてるッ!ダンシングヒーローでゴイゴイスーペシャル」(フジテレビ系)に登場するなど、“ダンシング・ヒーロー”のオリジネーターとして脚光を浴び、今後もテレビ歌番組への出演が次々と決定。 そして、ついに本日(10月31日)、NHK大阪ホールから全国に向けて公開生放送された「うたコン」にて、登美丘高校ダンス部との初共演が実現。この日のコラボレーションでは、荻野目&ダンス部のフリがシンクロする特別ヴァージョンのダンスを披露。両者が一緒に合わせるのは当日リハーサルのみでの本番でしたが、見事なパフォーマンスを披露した。 荻野目は、「高校生のみなさんの息づかいを感じて、いつも以上にパワーが出ました」。また、ダンス部員を代表して林キャプテンは、「こんな素敵な会場で踊らせて頂いて、荻野目さんご本人と共演させて頂いて、ホントにすごくうれしかったし、楽しかったです」とそれぞれ感想を話した。 このダンスクラシックの名曲のリバイバルを受けて、急遽、全曲“ダンシング・ヒーロー”のヴァージョン&リミックスを収録した特別編集盤の発売が決定!まずばCDに先行して 11月8日(水)に、全11ヴァージョンを収録した『ダンシング・ヒーロー“ALL EAT YOU UP”』が配信開始となる。その内容は、定番のオリジナル・ヴァージョンから2014年のアルバム『ディア・ポップシンガー』に収録されたデビュー30周年記念のリメイク版まで、発売からほぼ30年間のヒストリーを網羅。1987年のオリコン1位アルバム『ノン・ストッパー』の冒頭を飾ったモダン・ヴァージョンやスペシャル・イングリッシュ・ヴァージョンなどのファンには懐かしい音源はもちろん、90年代以降に発表された様々なリミックス・ヴァージョンなどのレア音源までが収録されるので、ぜひまとめて聴き比べてみよう。 さらに、当時EPレコードのみで発売された『ダンシング・ヒーロー』としては初のCDシングルも12月20日(水)にリリースが決定。先行配信の11ヴァージョンに加えて、ボーナストラックも追加収録される予定だ。