「池ハロ」エヴァRQ引地裕美に偶然遭遇、厳選コスプレイヤーも
日本列島に接近する台風にも負けないハロウィンコスプレ旋風が吹き荒れたのは、10月28日(土)・29日(日)の池袋・東口エリア。その台風の目となったのは、今や日本ハロウィンの風物詩とも言えるコスプレビッグイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」だ。 2日目となる29日(日)は前日に比べ雨脚が強まるとあり、コスプレイヤーの来場数が危ぶまれるかと思われたのだが…。蓋を開けてみればそのような不安はどこ吹く風、撮影スペースが足りなくなるという事態に見舞われてしまったため、急遽サンシャイン60展示ホールDが撮影スペースとして駆り出されるほどのコスプレイヤー数。 展示ホールの開放がありながらも撮影スペースは廊下や通路も含めてすし詰め状態。さらにニコ生中継のカメラが入れば歌い踊りだすコスプレイヤーも続出という大賑わいとなっていた。 しかし、このすし詰めはコンパクトに多くのコスプレイヤーが撮影できるという状況を招き、カメラマンたちには大好評。どのカメラマンも撮れ高に大満足の様子で会場内を駆け回っていた。 また、多くのコスプレイヤーが一堂に会するスペースでは、普段出会えないレイヤー同士、いつもは入れ違いになってしまうメンバーなどがバッタリと顔を合わせる機会も多かったようで、各所から再開を祝う声や想定外の出会いを喜ぶ笑い声が絶えなかった。 中には一般レイヤーにまぎれて「本当はイベントMCの予定だったんですが、雨で中止になってしまったのでここに来ました」という有名レイヤーの存在までが。有名レイヤーと言えば前日の28日(土)にはエヴァレーシングの引地裕美ちゃんにも偶然遭遇! 雨天時には雨天時ならではの楽しみ方があることも教えてくれた「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」。2014年からの4回目開催でありながらも、いつの間にやら懐の深いイベントに急成長した成功例といえるのではないだろうか。