倉持由香 悲願の「週プレ」表紙実現か?グラドル仲間からも怒涛のエール
「週刊プレイボーイ46号」(10月30日発売・集英社)の裏表紙に”尻職人”倉持由香が登場、「急告・倉持由香100万いいねプロジェクト始動!!」と告知されている。 ツイッターのフォロワー数が約28万人で、「グラドル自画撮り部」部長も務める“尻職人”の倉持由香。まさに「SNSの申し子」とも言える彼女に「週プレ」がむちゃぶり企画を依頼。それは……前代未聞の「100万いいねプロジェクト」。彼女のSNSで合計100万いいねを獲得したら、「週プレ」の表紙を飾れるというもの。 倉持は情報解禁日にブログを更新、「何回もブログで書いたり、インタビューで言ってきたので知ってる方も多いと思うのですが、私は「表紙」に憧れてグラビア活動をしてきました。『コンビニで目が合う存在』になりたいと思ってデビューしてはや13年。。。。この13年で、女優やタレントに転身した子、結婚した子、辞めてった子、、様々な子を見てきました。私自身も事務所移籍や日テレジェニック脱落、自画撮り部の設立などいろんな出来事がありました。13年って結構な年月ですね。漫喫暮らししてた時代から、ようやくメディア出演も増えて不自由なく一人暮らしもできて、諦めずに走ってきて良かったなぁと思いますし、それは全て支えてくださる大好きなもっちーむの皆様、関係者の皆様のおかげです。本当にありがとうございます!!そんな皆様に、またお願いをしてしまうのが心苦しいのですが。。。どうか、私の夢を『いいね』で後押しして下さい!!」と訴えた。 さらにアツい思いは続き、「私にとってグラビア活動は芸能界で売れるための『手段』ではなく『目的』です。グラビアが好きで、グラビアをやってます。グラドルという職業に誇りを持っています。そして、全グラドルの憧れはやっぱり「表紙」なんです。『週刊プレイボーイ』の表紙を飾れたら「グラビアでてっぺん獲った!!」って胸を張って言えると思ってます。ここ数年、グループアイドルさんやモグラ女子の活躍もあり、純粋なグラドルが表紙を飾るチャンスはとてもとても少ないのです。だから週プレさんに頂いたこのチャンスを必ず生かし、そして表紙を飾った号の売り上げを伸ばして「グラドルって数字持ってるな〜」と思わせたいんです!!!そうしたらきっとまたグラドルが表紙をバンバン飾る時代に繋がると思うんです。私はグラドルが好きだから、グラドルのグラビアが見たいんです。皆様どうか、力をお貸しください!よろしくお願い致します。」 幾度かこの思いを様々な場所で見聞きしたが、倉持の確固たる思いは、1ミリもブレることはない。グラビアアイドル地位向上のために費やした労力は計り知れないし、本人しか分からないやるせない思いも山ほどしたはず。だからこそ彼女の言葉には説得力がある。この企画を知ったほかのグラビアアイドルの誰もが、「もっちーの表紙みたい!」と怒涛のエールを贈っている。ファンもこの機会に一致団結して、”グラドル界のジャンヌダルク”を頂へ導こうではないか。 【該当するSNS】 ●ツイッター【@yukakuramoti】 ●インスタグラム【@yukakuramoti 】 ●フェイスブック【https://www.facebook.com/yukakuramoti】 ※「♯100万いいねプロジェクト」をつけたツイートのいいね数、リツイート数をカウント ●LINE LIVE「倉持由香チャンネル」【https://live.line.me/channels/445】 ※LINE LIVEは11月4日(土)、11月5日(日)、11月6日(月)の3日間のみ。1回1時間の放送。いいねのカウントはオンエア時のみ