NGT48中井りか 過激漫画に「反応に困るやつです」
いとうせいこう、NGT48中井りかが出演する番組、「白昼夢」(フジテレビ系)が10月30日放送され、前回に引き続き蛭子能収がゲストとして参加した。この番組は、中井がいとうから様々な「人物」を紹介され、知見を広めていく番組。 今回は、蛭子と同じくアート、アングラでも活躍する漫画家・根本敬が登場。現在は漫画だけでなく、壁画を描くなどアートの活動も多い。撮影中にもかかわらずどんどん壁画に書き足していく根本。「幻の名盤解放同盟」でもコアな人気を集める根本。いとうから「根本さんこそマルチだよね」とその活動の幅の広さを賞賛される。 蛭子も独特だが、更にキャラが濃い根本に中井も「みんな早口で何を言っているのかわからない」と自由すぎるトークに面食らう。いとうも「普通に街で起こっていることが映されているから」とこの番組の自由さを説明する。根本も「外国に来たと思って」と自分たちのキャラを説明する。 独特な性描写も激しく「精子」などがふんだんに書き込まれている根本の漫画。実際に中井が見るも「うわー駄目です、反応に困るやつです」と一言。最後には、蛭子能収、根本敬というサブカル漫画界のカリスマが中井りかの似顔絵を描くというとんでもない展開に。中井は出来上がった似顔絵を前に絶句するが、ある趣味の人間には非常に価値の高い作品となった。