フェアリーズ下村実生 初ソロ写真集は“水着”ショットがお気に入り
10月29日、5人組ダンス&ボーカルグループ 【フェアリーズ】のメンバー下村実生が東京新宿・福家書店にて自身初のソロ写真集「MS1022」の発売を記念した握手会イベントを開催した。 フェアリーズといえば最近では三浦大知などのメディア露出であらためてそのダンス&ボーカルのクオリティの高さが話題となっているライジングプロダクション所属の折り紙付のガールズグループ。今年の夏にリリースされた最新曲『恋のロードショー』は依然、若者を中心に支持され続け、YouTube上で公開されているMUSIC VIDEOも先日100万回再生を突破し、今だ衰えを知らず再生され続けている。 そんなフェアリーズが今年の8月から他に類を見ない写真集の発売に挑んでいる。メンバー全員、ソロ写真集を毎月リリースするというものだ。もちろん、ガールズグループで、個々のメンバーがソロ写真集をリリースするということはよくあることだが、すべてのメンバーがしかも毎月連続して発売していくというのはなかなかないことだろう。 8月は伊藤萌々香が、9月は林田真尋がそれぞれすでにソロ写真集を発売しており、いずれも好調な売れ行きで推移している。10月、3人目の発売となった下村もこの日予定していた握手会参加券付の写真集は完売状態となっていた。また、ちょうど22日が自身の誕生日ということで、この日はサプライズでバースデーケーキも差し入れられ、外の悪天候を吹き飛ばすテンションの高い現場となった。 当日は囲み取材も行われ、撮影時のエピソードや他のメンバーからの感想などにも触れる。また、雑誌「Seventeen」の専属モデルでもある下村だが、ファッション誌との撮影の違いにも触れ 、お気に入りのページは水着でのショットとのことで、「Seventeenの水着の撮影は元気な感じでポップな感じが多かったのですが、水着の写真は水着も白っぽく大人っぽい感じなのでこの写真集ならではの感じだと思って選びました」とその理由を明かした。 今後、11月には野元空、12月には井上理香子のソロ写真集の発売が控えるが、グループとしても11月18日より東名阪ツアーが控えており、益々精力的に活動の幅を広げているフェアリーズ。 ダンス&ボーカルのクオリティの高さを支持されつつも、こうしたソロの写真集が全員発売できるというキュートかつセクシーなヴィジュアル力を持つ彼女たち。平均年齢約19,4歳。女性として大人としての魅力を、まさにこれからさらに発揮していくであろう旬の彼女達。今後の活躍に要チェックだ。