スカパラ 走行中の都営大江戸線でシークレットライブ
10月29日、都営大江戸線にて、都営地下鉄として初、そして東京スカパラダイスオーケストラとしても初となる電車内でのライブイベント「東京スカパラダイスオーケストラ シークレット“地下”ライブ on 大江戸線」を開催した。 走行する車両を貸し切って行われた 9人組スカバンド・東京スカパラダイスオーケストラ(以下、スカパラ)のライブに、抽選で選ばれた限定60人は大熱狂。興奮冷めやらぬまま幕を閉じた。 都営交通は昨年より情報発信プロジェクト「PROJECT TOEI」を展開。東京都交通局のことをより知ってもらうための取り組みで、今回は交通インフラから“文化の魅力であふれる都市東京”を発信していくことを目的にライブが実施された。都営交通の“すべての「今日」のために”というブランディングテーマとスカパラの活動姿勢に共通点を感じたため、今回の出演を依頼。世界屈指のスカバンドとして第一線を走り続ける姿と、毎日休まず人々の生活のために運行し続ける交通インフラの使命を重ねたという。 今回の大江戸線ライブは計2回行われ、1回目は14時45分に日本で最も低い場所に位置する「六本木」駅周辺から「清澄白河」駅に着く15時03分まで、2 回目は15時19分「上野御徒町」駅発から15時36分「東新宿」駅まで演奏。ライブ中の総移動距離は約16,4kmで、大江戸線の車両が“走るライブハウス”と化した。 今回のライブは1編成(8両)を貸し切って行われ、その中の5号車を演奏スペースとして利用。中央で演奏するスカパラを挟むようにファンが乗り込んだ。普段とは異なる会場にファンは「え~」「すごい」と驚き。メンバーが「今日はご乗車ありがとうございます。僕達にとって初めての体験ですが、安全第一で、でも戦うような気持ちで楽しんで行ってくれ!」と挨拶すると歓声があがった。 各15分間のライブでは『スキャラバン』『Paradise Has No Border』などアップテンポの楽曲を披露。ファンは頭上で手を叩いたりジャンプをしたりと大興奮で、メンバー9人もファンの顔を見ながら楽しそうにパフォーマンス。最後は「ありがとう、大江戸線!」と感謝し、ライブを締めくくった。