池袋ハロウィンコスプレフェス開幕 小雨の中でも大盛況
冷たい小雨がそぼ降る10月28日(土)の池袋・東口エリアに、毎年恒例の大型イベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」の熱い幕が上がった。サンシャイン広場や東池袋中央公園、南池袋公園など街中でコスプレが楽しめてしまうという日本のハロウィンを代表するイベントの一つだ。 毎年オープニングセレモニーに登壇する重鎮たちのコスプレにも注目が集まっているのだが、今年は豊島区長の高野之夫氏がシャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)、株式会社アニメイトホールディングス代表取締役の阪下實氏が近藤勲(銀魂)、池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員長・株式会社ドワンゴ専務取締役CCO横澤大輔氏はリンク(ゼルダの伝説)といったコスプレで登壇。 例年高野区長の可愛さ、阪下氏の厳つさに会場やニコ生中継からは笑いやどよめきが耐えないのだが、イケメンっぷりが話題となる横澤氏には一際大きな黄色い声が送られていた。そんな横澤氏は開会宣言後も記念撮影を求めるオーディエンスから引っ張りだことなっており、「今年はいつもより恥ずかしい」「なり切れてないような気がするんだけど大丈夫?」とコスプレのハマり具合に対する不安を吐露しながらも、旺盛なサービス精神で撮影に応じていた。 2014年の第一回目開催より拡大の一途をたどる「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」。天候不安がありながらも昨年の約1万7000人というコスプレイヤー参加に迫る人入りが印象的。各所からニコ生中継も行われているが、現地でコスプレをしたり撮影を楽しんだりと参加してみるのはいかがだろうか。開催期間は29日(日)まで。(※コスプレをするには1日あたり1000円の登録料が必要)