THE YELLOW MONKEY “ドーム映えする”新曲MVに奇妙なダンサー達
THE YELLOW MONKEYが、3ヶ月連続配信リリースの第二弾となる『Stars』のMusic Videoを配信リリース日となる10月27日(金)に公開した。 第一弾『ZIGGY STARDUST』(9月13日配信リリース)に続く、第二弾となる『Stars』は先日チケット発売後すぐにソールドアウトが発表された12月9日(土)・10日(日)の東京ドーム公演「THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017」や12月28日(木)の福岡 ヤフオク!ドーム公演「THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-」(11月25日チケット一般発売)に向けて制作された“ドーム映えする”楽曲。「地味派手」をテーマにバンドの一発録りの緊張感、ビンテージサウンドにこだわりながら、最新のテクノロジーも取り入れた、大人の余裕と経験を感じさせるロックに仕上がっている。 今作のMusic Videoを手がけるのは数々のMusic VideoやCM、ファッション映像などを幅広く手がける映像ディレクター中村剛。THE YELLOW MONKEYとは5月にリリースしたデビュー25周年新録ベストアルバムMusic Video『TYM’s hacking movie』に続いて2度目のタッグを組む。 また、今作には演奏するメンバーの周りに奇妙なコスチュームを身につけたダンサー達が登場。国内外で活躍する振付ユニットair:manが振付を担当し、クールでスタイリッシュな世界にワンポイントのユーモアが加わり、より印象的な作品に仕上がった。ドームステージを心待ちにまずは配信リリース、Music Videoで『Stars』をチェックして欲しい。