北原里英のみ縛られた異様な写真「サニー/32」ポスタービジュアルが超“凶悪”
今年8月、キャプテンを務めるNGT48・並びにAKB48グループからの来春卒業を発表し、卒業後女優としての活躍を誓った北原里英が女優業を本格始動する第一弾作品、映画「サニー/32」。本作の超“凶悪”なポスタービジュアルが解禁となった。 また、公開日が2018年2月9日(金)新潟・長岡先行公開を経て、2月17日(土)より全国公開が決定した。 本作は、今、日本映画界でもっとも勢いのある監督・白石和彌と脚本・髙橋泉の「凶悪」タッグによる完全オリジナル作品。本作で北原が演じるのは、仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理。物語は、彼女の24歳誕生日にピエール瀧&リリー・フランキー演じる“サニー”の狂信的信者に拉致・監禁されるところから始まる。“サニー”とは「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた11歳の少女の愛称。誘拐犯の柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)の二人は赤理(北原)を“サニー”と呼び、強烈なキャラクターたちの群像劇がサスペンスフルに展開していく中、人間の弱さと強さ、さらにはネット社会の危うさまでをも内抱している物語は、予想を超えた結末に向けて走り出していく。 今回解禁となるポスターで注目を惹くのは、今や日本映画界の顔となったピエール瀧&リリー・フランキーの2人。不気味に笑みを浮かべるリリー・フランキーとは対照的に表情一つ変えず、北原里英のみ縛られた異様な写真を持ち、こちらをじっと見つめるピエール瀧。二人の姿はまさに超“凶悪”。この二人に拉致・監禁され、極限まで追い込まれた北原里英は捨て身で撮影を乗り切り、本格女優として覚醒した姿を見せている。さらに本作での役どころが未だ明かされていない実力派女優・門脇麦の存在や、白石組の常連で、毎作品毎に個性的な役どころで出演し、強い印象を作品に残す音尾琢真、さらには北原演じる主人公の同僚に駿河太郎ら、確かな演技力を持つ出演陣にも注目だ。 Ⓒ2018『サニー/32』製作委員会