ベイビーレイズJAPAN主演、品川PR動画で貴重な新曲披露
区政70周年を記念し東京都品川区が制作したシティプロモーション動画&楽曲で、関根勤、ベイビーレイズJAPAN、そして区民300人が共演している。 動画の主演と楽曲の歌唱は、今年デビュー5周年を迎えた品川区ゆかりのアイドル「ベイビーレイズJAPAN」。NHKの朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌を担当し、2016年7月にはフランスで開催された日本文化の博覧会であるJAPAN EXPOに出演するなど、国内外に活躍の場を広げている人気沸騰中のアイドルだ。今回、品川区の為に新しく制作された品川区PR楽曲『Promise ~シナガワにきっと~』は、本動画でしか聴けない貴重なベイビーレイズJAPANの新曲にもなっている。 さらに動画に登場する品川区長役として、テレビ・ラジオ、CM、舞台などバラエティを中心に活躍する関根勤が出演。 また区長秘書役として、フジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」などで活躍している岩井ジョニ男が脇を固めている。動画には、大崎駅のご当地キャラクター「大崎一番太郎」も登場、ONE PIECEのウソップ役などで知られる人気声優、山口勝平がアフレコを担当している。 本動画は、品川区のキャッチコピーである「わ!しながわ」をテーマに、ベイビーレイズJAPANのメンバーが品川区の5つのスポットを訪れ、そこで品川区の魅力に出会っていくというストーリー。各スポットで品川区民やご当地キャラが登場し、ベイビーレイズJAPANのメンバーと共にキャッチーなダンスを披露している。ラストシーンのしながわ中央公園ではキャストと200人以上の区民エキストラが大集合。ドローンを使って、一斉ダンスを撮影した迫力のあるシーンになっている。 本日10月26日に開催の「全国シティプロモーションサミット2017 in Shinagawa」のオープニングステージで品川区PR動画が初上映された。上映後には、主演のベイビーレイズJAPANがステージに登場し、オリジナル楽曲の歌唱とダンスでオープニングステージを盛り上げた。豪華アーティスト、キャスト、そして品川区民と共同で制作したシティプロモーション動画。まちとエンタメの融合を実現させた新たなシティプロモーションに注目だ。