ラストアイドル暫定メンバーで初の握手会、ファン1,000人が釘付け
毎週土曜深夜テレビ朝日系で放送中の、同名番組内にて熾烈なメンバー入れ替えバトルが繰り広げられている究極のアイドルグループ、「ラストアイドル」。その暫定メンバーによる握手会が開催され、初めての対面に、のべ1,000人のファンは大盛り上がりとなった。 この番組はオーディションで選ばれた7人の暫定メンバーが、挑戦者と毎回メンバー入れ替えバトルを行い、最終的に勝ち残ったメンバーが秋元康プロデュースのもと、12月20日にメジャーデビューするという、前代未聞のオーディション番組。先日10月14日の放送では、入れ替えバトル敗退メンバーによる5人組のセカンドユニット『Good Tears』が、番組冒頭で突然登場し新曲『涙の仮面』を披露した。 そんなラストアイドルの暫定メンバーと、セカンドユニットGood Tears、そして、セカンドユニットの候補メンバー3人が参加する初の握手会は、10月25日にタワーレコード渋谷店にて開催された。暫定メンバーで握手会を行うというのも、番組同様、前代未聞の試みである。 「みなさんこんばんは、ラストアイドルです!私達は12月20日に、ユニバーサル ミュージックからデビューする7人組のアイドルグループ、ラストアイドルの暫定メンバーです。なぜ暫定かと言いますと、私達は今オーディション中で、この7人でデビューするかどうかまだ決まっていません。今日は短い間ですが、皆さん応援よろしくお願いします。」と、ラストアイドル暫定メンバーでセンターの阿部菜々実の挨拶でイベントがスタートした。 ラストアイドルは『バンドワゴン』、Good Tearsは『涙の仮面』をそれぞれ披露。観客を前にパフォーマンスするのは、先日のお台場ハロウィーンイベントに続いてまだ2回目だが、堂々と伸びやかで振りのそろったパフォーマンスを展開、間近で観るファンの目を釘付けにした。自己紹介では各々、今後に向けての抱負と応援への願いを自分達の言葉で精一杯伝えた。ラストアイドル暫定メンバーの吉崎綾は、「私達ラストアイドルのデビューシングルバンドワゴンは、12月20日に発売なのですが、その時このメンバーでデビューするかはまだわかりません。絶対にまた皆さんの前に立てるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」と訴えかけた。2グループで15分間と短いながらも、今後の飛躍への可能性を予感させるステージだった。Good Tearsも、「私達はオーディションで敗れてしまった5人組ですが、ユニットを組ませていただいて、たくさんの方の前でライブさせていただけるということで、頑張っていきたいと思います。」(相澤瑠香)と抱負を語った。 パフォーマンス後は、初めての握手会を実施。今回の握手会は、タワーレコード渋谷店で12月発売シングルを予約購入し参加することができる。ラストアイドルファミリー15人が一堂に会し、ファンとの交流を楽しんだ。ファンも普段TVでしか観ることのできないメンバーと初めての対面で大いに盛り上がり、応援のメッセージを送った。のべ1,000人のファンが今回の初握手会に参加した。 また、次回の握手会がメンバーのMCで発表された。11月6日に、会場は同じくタワーレコード渋谷店で開催される。詳細は後日、ユニバーサル ミュージックのHPで発表されていく予定。ラストアイドルは、12月20日にデビューシングル『バンドワゴン』が発売決定。前代未聞の暫定メンバーによるイベントも今後積極的に行っていく予定。デビューに向けていよいよ活動を本格化させるラストアイドルファミリーから今後も目が離せない。