柴咲コウ ベストアルバム2作同時リリース決定、ライブで披露の新曲も初収録
アーティスト・シンガー柴咲コウは、2002年に1stシングル『Trust my feelings』をリリースして今年15年を迎えた。そして先日、「柴咲 寺院 ~池上本門寺 月夜の宴~」「柴咲 神宮 ~平安神宮 月夜の宴~」東京と京都での野外ライブを大成功させた。 その15年間のすべての作品の中から、柴咲コウ自らセレクトしたオールタイムベストアルバム『KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詩』(読み: コウ シバサキ オールタイムベスト ウタ)、『KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詠』(読み: コウ シバサキ オールタイムベスト ウタ)を2つのレーベルから12月20日同時リリースすることが決定した。 今回のオールタイムベストはそれぞれ所属したレコード会社2社の連動企画として実現。デビューから2014年までをユニバーサルミュージック(以下UM)から全32曲を収録した2枚組アルバム、そして2014年から2017年までをビクターエンタテインメント(以下VE)からリリースすることになった。UM盤には、デビュー曲『Trust my feelings』から、『月のしずく』、KOH+ 3作品などヒット曲はもちろん、2014年に発売した『ラブサーチライト』までシングル及び配信シングルを中心にセレクト。VE盤には、椎名林檎が作詞作曲および編曲を手掛けた『野性の同盟』、そして珠玉の名曲カバー、さらに東京・池上本門寺、京都・平安神宮でのスペシャルライブで初披露された新曲『いざよい』を初収録。アーティスト、シンガー柴咲コウの15年間のすべてと“今”である最新曲を凝縮したスペシャルパッケージとなっている。